ログイン | トップ

 三歩目の不動産投資で海外移住。  マガジンID:04141
不動産投資を決意し、家賃収入のお陰で、 物価の安いアジアで生活してます。 アジアの都市での自由な生活のこと、 その生活のベースになっている、不動産投資のこと、 金融や社会のネタなど、情報発信しています。

最終発行日:2016年8月29日 総発行回数:1076回
登録日:2010年5月7日 読者数:674
発行周期:2日に1度くらい 登録料:無料
バックナンバー:最新号のみ公開 発行者のホームページ

 個人情報の取扱いについてをご確認の上、メールアドレスを入力して購読してください。
  
  

バックナンバー(最新号)

 _◯ 三歩目 物語の消費の終焉
  発行日時:2016年8月29日 マガジンNo.04141
イデオロギーに関係なく、そのやり方はもう通用しない。
もっと指摘されるべき事だと思うんだけどなぁ。


おはようございます。

貧困女子高生を擁護してみる。 物語の消費の終焉
http://sanpome.net/?p=3485

マスコミがやる貧困の物語って、実態無視して、
定型にはめ込むことばかり、そのやり方はそろそろ終わる。
そんなこと日々思います。
 
それはさておき、
以前こんなこと書いたなって、思い出しました。

高齢化社会は無縁社会、ちきりんには明日は我が身という想像力が無い
http://sanpome.net/?p=2182


貧困対策の思考停止についてです。

自立支援というものを、真面目に考えず、
ただ、お金をあげるかどうかという話になってしまいます。
 
サヨク系は論外としても、ちきりん的な人でも、
お金をあげるべき貧困かどうかという話に終始してます。
 
 
安い目の賃貸業してると、
多少は生活保護だったり、単身の高齢者だったり、
その生活に関わることあります。
 

精神的にそれなりに問題を抱えてるケースは多い。
自立支援に必要なことは単純にお金じゃない。
 
 
貧困女子高生の件でも、
専門学校に行けたら、この人の問題解決するのだろうか、
って考えると、

その前に、人生設計考えた方がいいよね。


他よりハンデある環境の中で、抜け出すチャンスがどうあるのか、
チャンスの与え方やハンデの是正なら社会の問題だけど、

NHKの報道はそこには踏み込まない。
専門学校に行くことが何かのキャリアパスに繋がってないもの。

消費だけしてるってのは、なかなか厳しい。
創作活動してるけど、金銭的理由で大変って文脈じゃないもの。
 
 
学校っていうハコを作って、援助終わりっていうのと、
どっか似てる、

そこじゃないよなぁ。
 
 
ハコは完成というエンドがあるから、
物語も消費しやすい。
 
日本映画で、
アイドル登用して、恋愛要素必ず入れて、
こうすれば売れると思ってる作り方とどこか似ている。
 
そろそろ終わると思うんだけどな。
では。

  FAQ・ヘルプ | 利用規約 | メルマガ発行規約 | 広告掲載規約 | 個人情報保護方針 | 会社概要  
Copyright(C) 2002-2010 INFOCART,INC. ALL RIGHTS RESERVED.
インフォカート |  無料情報ドットコム