ログイン | トップ

 人類予備校公式メールマガジン  マガジンID:07143
負け組救済をすべく人生の処世術や裏ワザを身に着け、人生をシュラシュシュシュと切り抜けることを学ぶ人類予備校でしか知ることができないお得情報をお届けします。

最終発行日:2016年9月25日 総発行回数:13回
登録日:2013年6月16日 読者数:97
発行周期:不定期 登録料:無料
バックナンバー:最新号のみ公開 発行者のホームページ

 個人情報の取扱いについてをご確認の上、メールアドレスを入力して購読してください。
  
  

バックナンバー(最新号)

 人類予備校公式メールマガジン 第11号
  発行日時:2016年9月25日 マガジンNo.07143
こんにちは

人類予備校 塾長です。

見逃したメルマガを読むには
→ http://goo.gl/VxNXU1


いつもありがとうございます。



さて、またまた久しぶりのメルマガです。


日本では、9月末パラリンピックも終わり


アメリカでは大統領選が本格化してくる時期に書いています。


そんなタイムリーなオファーがあり先に今回は紹介します。


こちらはいつもの通り無料講座です。

【日米マスコミが絶対報じない アメリカ大統領選の真相』

⇒ http://raku.in/ujaqcmp



-------------------------------------------------------

いつものラインナップ


・塾長のつぶやき

・講座 
 誰でもできる、押しつけ憲法無効論論破講座②


・お知らせ・お願い


-------------------------------------------------------

・塾長のつぶやき


台風などが着たり通り過ぎたりの9月下旬になりました。
久しぶりにメルマガを書いています。


アンチを相手にツイッターでやりあったり最近しています。


「なんであんなことやってるんですか?」
とよく言われますが、結構面白がってやっています。



実はツイッターをしてる時は、仕事などの移動時間が多く
片手でまさに片手間でできることしかできないときがあります。


そんなときツイッターをいちばん最初に見るから
そのときに反論あれば瞬時に返事を返すという
あるいみ頭の体操を行うためにやっています。


なんどもツィートが来るフォロワーさんには
申し訳ないですが・・・・・


ただやり取りをやっていると
色々な発見があります。



この人はなんで反論するのか?
どの立場で話をしているのか?
単なる暇つぶしか?
文句を言いたいだけか?
etc


そのようなことを考えてやると
非常に面白いし、ある種共通の
ことが見えてきます。



今回で共通で見えてきたもの
それは、こちら有している知識と
同レベルの知識を相手が有してる
分けでなく批判をしてるということ
です。



話がよくかみ合わないことがありますが
その多くは、こちらが前提として有している
知識、言葉の定義、内容について
必ずしも相手は理解できてるわけで無く
そのことが原因で起こるのだと



すなわち多くは勉強不足からくる反論であるわけです。


なので、なぜか話が噛み合わない
という事態が生じるということが
文字でのやり取りの中で見えてきました。



憲法改正、大阪都構想、安全保障等
それぞれの話は前提となる知識が必要です。


ですが、それを無視して話をする人がたいてい
話の噛み合わせにくさを倍増させているわけです。


あともう一つの特徴それは
自分の力では説明できず文句や人格批判をする
という共通性もあります。


自分の考え方は提示せず。
相手の考えばかりを批判する。


いざ、説明となると
「誰々がこのように言ってる。」

という権威者かどうかもわからない
人の話を正論として出してくる。


自分で論理構築ができないために、
話ができないというそんな人が
批判者には多くなっている。


日本の教育が議論や討論を
中心にしていないので仕方ないかも
しれませんが、自分の考えがこうだから
相手の考えのここに問題がある。
もっと妥当な考えはこうである。


と論を進めなければ話はできないといえます。
なのでネット上での発言がまだまだ未成熟なんだと
思います。


自分の考えを出せる自由な空間が
ネットの中での社会であるべきだと
思います。


・講座 
 誰でもできる、押しつけ憲法無効論論破講座②


今回から、憲法制定の歴史について
話していきたいと思います。


9日間の憲法案作成のための組織づくり

この話をするときはまず前提の知識として
どのような組織で作られたのかを
知って置く必要があると思うので
それを説明します。



当時連合国総司令部(GHQ)には
民政局というところがあり、
その中には行政部と朝鮮部ありましたが
憲法草案作成の作業は行政部でメンバーだけで
行うことになります。


メンバーは
陸軍左官5人
海軍左官3人
陸軍大尉5人
海軍中尉1人
海軍少尉1人
民間人男性4人
民間人女性6人

以上25人が戦力の
すべてでした。


この中のメンバーで、
ケーディス、ラウエル、ハッシーの3人の弁護士と
エラマン女子で全体を統括する運営委員会を構成

その下に、
立法権に関する小委員会
行政権に関する小委員会
人権に関する小委員会
司法権に関する小委員会
地方行政に関する小委員会
財政に関する小委員会
天皇・条約・授権規定に関する委員会
の7つの小委員会を置いてました。



で最終的に次のような組織になります

連合軍最高総司令官
ダグラス・マッカーサー元帥
     |
民政局長
コートニー・ホイットニー准将
      
     |
運営委員会
チャールズ・L・ケーディス陸軍大佐
アルフレッド・R・ハッシー海軍中佐
マイロ・E・ラウエル陸軍中佐
ルース・エラマン女史
     |
立法権に関する小委員会
フランク・E・ヘイズ陸軍中佐
ガイ・J・スウォーブ海軍中佐
オズボーン・ハウギ海軍中尉
ガート・ルード・ノーマン

行政権に関する小委員会
サイラス・H・ピーク
ジェイコブ・I・ミラ
ミルトン・J・エスマン陸軍中尉

人権に関する小委員会
ピーター・K・ロウスト陸軍中佐
ハリー・エマーソン・ワイルズ
ベアテ・シロタ

司法権に関する小委員会
マイロ・E・ラウエル陸軍中佐
アルフレッド・R・ハッシー海軍中佐
マーガレット・ストーン

地方行政に関する小委員会
セシル・G・ティルトン陸軍少佐
ロイ・L・マルコム海軍少佐
フィリップ・O・キーニ

財政に関する小委員会
フランク・リゾー陸軍大尉

天皇・条約・授権規定に関する委員会
リチャード・A・プール海軍少尉
ジョージ・A・ネルソン陸軍中尉

秘書
シャイラ・ヘイズ
エドナー・ファーガソン

通訳
ジョゼフ・ゴードン陸軍中尉
I・ハースコウィッツ陸軍中尉


たぶん、ここまでメンバーや組織を含めて
ちゃんと見たことがないとは思いますので
一度このように紹介をしてみました。

この中で、ケーディス、ラウエル、ハッシーの3人は
弁護士で法律家でありました。なので全く法を知らない
ひとで構成されたわけではないということを
知っておく必要性があります。

そしてこの憲法草案はかなり慎重に作らて行きます。
さらにこの委員会の組織図に対応して
現在の憲法の章立ができています。

そのことを知っていることでこれからの
知識は深まると思います。


さて、この組織ができる前
昭和二十一年(1946年)の2月3日に
チャールズ・L・ケーディス陸軍大佐が
アルフレッド・R・ハッシー海軍中佐経由で
緊急事態として民政局長のコートニー・ホイットニー准将に
呼び出されることから憲法草案作成へのシナリオが動きます。


なぜ緊急であったか?
ご存知の通り二月一日に毎日新聞のスクープよって
明らかになった日本政府の憲法改正案(松本案)が
極めて保守的なものであり天皇の地位に対して
実質的変更を加えていないもので、天皇が統治権を
すべて保持しているものでした。



その内容は新聞の論調でも世論でも評判はよくなかった。
さらに極東委員会の発足が決定してました。



極東委員会が発足すれば、日本の占領政策の権限は
合議体である極東委員会に移り、アメリカ以外の国
のいうことも聞かなくてはならない事態が生じ
マッカーサーは、天皇制を残すことを決めていたため
極東員会が成立すれば天皇を戦犯として
処断される可能性がありました。


そこで、この毎日新聞のスクープののち
GHQは日本政府と松本案討議の会談を2月12日
に行うことを決定します。

その際にその会議で話し合うときに
覚書程度のものでなく、日本国憲法の草案
として考えてる具体的なものを渡したいという
意向のもと一週間での作成とその後マッカーサーと
ホイットニー自身が検討する時間が必要で
合計で9日間のミッションになったという経緯
が生じました。

このとき全責任を負うの最高位にいる
チャールズ・L・ケーディス陸軍大佐が
負うことになります。


今後このチャールズ・L・ケーディス陸軍大佐が
重要人物として話がでてきます。


今回は組織ができたところまでをみてきました。
知識のない押しつけ憲法論者よりは
しっかりした知識ができたと思います。





以上、論破講座②回でした。



-----------------------------------------------

さていつも話してますが



上記の日本国憲法を気軽に学べるようにするため
日本国憲法について、基礎から学べる講座作りました



ゼロからの良くわかる日本国憲法講座(人類予備校)
→ http://raku.in/buqz0hc



放送中に、わかっているんだけれども
何から勉強したら良いかわからないという声が多くありました。



そこで、どのような順番で勉強すれば良いかも含めて
メルマガを使って順番に学べるようにしてみました。



登録はもちろん無料です。


さらに、本だけでは中々イメージができないと
思うかもしれません。



そんな、あなたのために
動画も作ってみました。



知識ゼロ・初心者でもわかる憲法講座① 
自民党憲法草案解説付き
→ http://youtu.be/AdibtJQYjvM



自民党憲法についての解説もつけながら
基礎から話していますので良ければ見てください。



後できれば多くの人に広げて頂ければ嬉しく思います。
人に憲法の説明をしたいけれども、



自分ではうまく説明できないという場合は
この動画を説明したい人に見せてもらえれば
伝えやすくなると思います。



色々とご利用いただければ幸いです。

------------------------------------------------------


・お知らせ・お願い


今回も、無料のオファーがあります。
メルアド登録の協力いただけるだけで、
人類予備校としては助かります。

協力してもいいなという方よろしくお願いします。

今回も、無料セミナーです。

【日米マスコミが絶対報じない アメリカ大統領選の真相』

⇒ http://raku.in/ujaqcmp


無料の講座ですので、お金は発生しませんので
ご心配なく。


前回と同じく
「メール登録」をして、最低一カ月は解除をしないで頂けると
ありがたいというものです。


ただ、メール頻度が多くなると思うので、
面倒でなければ別のメールアドレスを用意して登録

もしくわ、


今使ってるメールアドレス登録後
メール振り分け機能を使って人類予備校のメルマガと
区別できるようにしてみてください。



メール振り分け説明 コチラ
→ http://raku.in/52omaj1



あと、宅建講座に関して

民法動画は完結

宅建建業法も少しずつUPはじめました


自分が勉強したい分野だけでもわかるように
努力しています。

→ http://raku.in/6kqovks

人類予備校ゼミナール最新動画

→ https://www.youtube.com/watch?v=VAdSz7FFyKY




本日はここまでです、ありがとうございました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
解除  
http://www.infomag.jp/Site_7143.html

見逃したメルマガを読むには
→ http://goo.gl/VxNXU1


流行のほしいものリスト作ってみました
http://goo.gl/IU7CHV

【コンテンツ 一覧】

人類予備校yutubeマイチャンネル
・人類予備校ゼミナール → https://goo.gl/FHNM1r
・人類予備校分校 → https://goo.gl/JivId8
・人類予備校セミナー → https://goo.gl/rBnFgX

人類予備校公式ほうむぺぇじ
http://jinruiyobikou.page2.jp/

人類予備校 受講生用掲示板
http://8248.teacup.com/jinruiyobikou/bbs
人類予備校 専用SNS
http://sns.prtls.jp/jinruiyobikou/login.html

人類予備校公式ブログ
http://ameblo.jp/jinruiyobikou/

ツイッター Twitter
http://twitter.com/jinruiyobikou

意見・感想・スカイプコンタクト申請
http://ws.formzu.net/fgen/S62022455/


新しい放送場所が追加
http://www.afreecatv.jp/34770256

著者  人類予備校 塾長
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  FAQ・ヘルプ | 利用規約 | メルマガ発行規約 | 広告掲載規約 | 個人情報保護方針 | 会社概要  
Copyright(C) 2002-2010 INFOCART,INC. ALL RIGHTS RESERVED.
インフォカート |  無料情報ドットコム