ログイン | トップ

 愛ある家族になりましょう〜♪  マガジンID:07390
夫からの暴言・暴力。 夫の不倫。家庭内別居。或いは、完全別居をしている。 もう、離婚しかないのかと悩んでいる妻へ。もう一度、幸せを取り戻す為のヒントを書き綴っています。苦しみからの脱出を応援します。

最終発行日:2017年8月21日 総発行回数:107回
登録日:2013年10月16日 読者数:2696
発行周期:不定期 登録料:無料
バックナンバー:全て公開 発行者のホームページ

 個人情報の取扱いについてをご確認の上、メールアドレスを入力して購読してください。
  
  

バックナンバー

 愛ある家族になりましょう♪
  発行日時:2017年4月8日 マガジンNo.07390
こんにちは。芙蓉です。

桜満開の季節。
みなさんいかがお過ごしですか?


この4月から、新たに「パートを始めました!」「仕事に復帰しました!」
そんなご報告もいただいております。

皆さん、新しいことにチャレンジしたり
以前からやろうと思ってながらも、なかなか着手できていなかったことをやってみたり…

とにかく行動を起こしてみるのは、とても良いことですよね。

特にもしもあなたが、現状が思わしい状況ではなく
「これから、変わって行きたい」
「悶々としたりウツウツとした生活はもう嫌だ!」
と思うのならば、尚のこと。

自分の望む未来に近づくために、何かしら始めてみる。行動してみることは、すごく大切なことだと思います♪

けれど、「そうは言っても…」
と二の足を踏んでしまう人がいることも確か。

「子どもの面倒を見るのが大変だから、何もできない」

「お金がないから、やりたいことをやる余裕なんてない」

「年齢的に、今からやりたい仕事をするなんてムリ」

これ、すべて過去の私がいつも思っていたことなんですけどね^_^;

振り返って当時の自分のことを思い出してみると、私の心の中にはたくさんのブロックがあったな〜と感じます。

子どもから目を離したら、大怪我をしたり病気になったりするかもしれない…とか。

稼ぎもない専業主婦が、自分のためにお金を使うなんてとんでもない贅沢だ…とか。

女35歳を過ぎたら、まともな仕事などもうない…とか。

それで勝手に、自分は何もできない。何をすることも無理だと、決めてかかっていたところがありました。

でも、現実は違いましたね。

最初は、早朝4時から子どもが起きるまでの6時。新聞配達の人のための朝食作りのパートからのスタートでした。

「あれ?子どもが小さくても、働けた!」と思いました。

次に介護ヘルパーの資格。資格を取るための12万円がなくて、別居中の夫に頼んでも「何でそんな金、俺が出さないといけないの?」断られて
無理かと思っていたところに、

助成金制度があるのが判明。
地域ですぐ働けるのなら、無料で資格が取れると言う講座に参加することができました。

子どもの成長にともない、徐々に介護職の勤務時間を増やし、
5年後には夫の扶養を外れるくらい稼げるようになり

自分の行きたいセミナーに出られるようになりました。

そして、夫との関係を修復し、
認定講師になり…本を出版。
まさかこんな展開が待っているとは思いもしませんでしたね。

あの、ほんの2時間の「早朝パートをやってみよう」という小さなステップがなければ、今に繋がっていない。
やはり、行動してみるということは、大事だとつくづく思います!

子どもが小さいから。
お金がないから。
もう、こんな年齢だから。
夫との関係が悪すぎて、全く協力を得られないから。
忙しくて時間がないから…などなど。

それが現実であったとしても…
何かできないか?

愛のある夫婦関係・家族になるために
幸せな人生を送るために
一歩を踏み出す何かを感じて、行動してみませんか?


もしもお子さんを預けられず、
セミナーなどに参加できないと思っている方は、ぜひ芙蓉のオープンカウンセリングにいらしてみてください。


オープンカウンセリングの詳細とお申し込みはこちら♪↓↓↓
http://fuyou-c.com/fuyoumenu/opencounseling/


また、自分の心のブロックをなかなか外せない。頭でわかっていても、心が付いて行かないように感じている方には、
メールカウンセリングで少しずつブロックを外してみませんか?

4月のメールカウンセリングのお申し込みはこちら♪↓↓↓
http://fuyou-c.com/info/20170408/

(*本日このメルマガから募集開始となります!)



新しい季節。
理想の幸せに近づくための行動の一歩として、役立てて頂けたら嬉しいです^ ^

もちろん、仕事やセミナーやカウンセリングだけが、自分を前進させるわけではありません。

旦那さまがいなくても、小さなお子さんととびきり楽しめるような企画を考えてみる…とか

料理本を一冊買って、その通りに作って食卓を彩ってみるなんていうでも良いのです。

昨日よりも、少しだけ素敵な今日に♪
今日よりも、少しだけワクワクする明日に♪

何か行動できることはないか、考えてみてくださいね。

そしていつか「今がタイミング!」と感じた時に、芙蓉に会いにいらしてくださったら、こんなに嬉しいことはありません♪

芙蓉

  FAQ・ヘルプ | 利用規約 | メルマガ発行規約 | 広告掲載規約 | 個人情報保護方針 | 会社概要  
Copyright(C) 2002-2010 INFOCART,INC. ALL RIGHTS RESERVED.
インフォカート |  無料情報ドットコム