ログイン | トップ
バックナンバー
マガジン内検索

 いっ笑の食材の雑学レシピ  マガジンID:07797
簡単おかずでも片づけや洗い物の少なさにこだわって紹介しています♪ 四季のその時々の旬の食材の雑学も一緒に紹介しています!

最終発行日:2014年8月2日 総発行回数:3回
登録日:2014年7月6日 読者数:8
発行周期:隔週刊 登録料:無料
バックナンバー:全て公開 発行者のホームページ

 個人情報の取扱いについてをご確認の上、メールアドレスを入力して購読してください。
  
  

バックナンバー

 夏野菜!オクラ!
  発行日時:2014年8月2日 マガジンNo.07797
明日から世間話で使える食材や料理の雑学と
簡単レシピをどんどん紹介していきます!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

日本にはすばらしい四季があります。
世界でもはっきり四季が分かれているのは日本ぐらいだそうです。
その季節に旬の食材ということを意識して紹介していきます。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++




今回のテーマ食材は




『オクラ』です!





オクラ。

生で良し、茹でて良し、揚げて良し、バリエーション豊富で
冷蔵庫に常備しておくと非常に便利な食材です。



ただ、オクラは便利なだけじゃないんです。
栄養価もとても高く、健康にもいい優れものなんです。


代表的な栄養素は

・カロテン
・カルシウム
・食物繊維

などです。

他にもたくさんの栄養素が入っていますが
紹介しきれなのでこれくらいで。






今回は食物繊維について紹介していきます。


オクラには特有の粘り気があります。
ペクチンとムチンという二つの主成分が元になってできています。
ペクチンは水溶性食物繊維の一つで血液中のコレステロールを下げる働きがあります。

ペクチン以外の不溶性食物繊維も豊富に含まれていて、
こちらはお通じをよくし、大腸がんの抑制する働きがあるといわれています。


ムチンは胃などの粘膜の保護したり、整腸作用があります。


意外にも胃腸にいい野菜なんです。
冷たいもの取りすぎて、胃腸が弱りがちな夏にピッタリの野菜です!



冷たいそうめんで胃腸を冷やし、薬味のオクラで胃腸を労わる。
よく考えてますねー。本能的に胃腸にいいのがわかってたんでしょうね。




ということで




オクラを使ったいっ笑の簡単レシピです。
やっぱり胃腸は冷やしたくないので温かいメニューです(笑)




~オクラのトマト煮こみ~


■材料 二人分

・オクラ 6本
・ジャガイモ  2~3個
・玉ねぎ 1/2個 
・豚(ロース) 200g
・ホールトマト 300ml
・にんにく 1かけ

※オクラは塩で揉んで産毛を取ってくださいねー


■煮汁
・酒 大3
・ウスターソース 小1
・スープの素(コンソメ)小1/2
・塩コショウ


■作り方 

①鍋にオリーブオイルを入れ、にんにくを入れ熱し、
香りがたったら玉ねぎを加えしんなりしたら豚肉を入れる。
豚肉の色が変わったら、つぶしながらホールトマトを入れます。
そこに煮汁を入れ、15~20分弱火で煮込みます。

②別の鍋であらかじめジャガイモとオクラを茹でておきます。
15~20分煮込んだ①にジャガイモとオクラを入れ
さっと混ぜて完成です♪


これはケニアの家庭料理だそうです。
以前にブログでも紹介しているのでよかったら見てください(^O^)

  FAQ・ヘルプ | 利用規約 | メルマガ発行規約 | 広告掲載規約 | 個人情報保護方針 | 会社概要  
Copyright(C) 2002-2010 INFOCART,INC. ALL RIGHTS RESERVED.
インフォカート |  無料情報ドットコム