ログイン | トップ
バックナンバー
マガジン内検索

 世界遺産の歴史  マガジンID:01288
実際に旅行に行く前に、そこの歴史や案内を知っていくと、味わい深い旅になると思います。また、旅行には興味のない方でも、人類の歴史・守ってきた遺産を知ることは「どう生きるか」を考えるきっかけになると思います。

最終発行日:2008年2月29日 総発行回数:2回
登録日:2008年2月10日 読者数:21
発行周期:日刊 登録料:無料
バックナンバー:全て公開 発行者のホームページ

 個人情報の取扱いについてをご確認の上、メールアドレスを入力して購読してください。
  
  

バックナンバー

 【世界遺産の歴史】No.2 天壇
  発行日時:2008年2月29日 マガジンNo.01288
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<<世界遺産の歴史>> No.14
------------------------------------------------------------------------
平成20年 2008/02/29(金) by 美海
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「世界遺産の歴史」を読んでいただいて、ありがとうございます。

世界遺産には、以下の4つがあります。
----------------------------------ここから------------------------------
1【文化遺産】⇒すぐれた普遍的価値をもつ「建築物」や「遺跡」など。
                    ********** ******

2【自然遺産】⇒鑑賞・学術・保存上顕著な普遍的価値を有している

「地形や生物、景観」などを含む地域。
********************

3【複合遺産】⇒「文化と自然の両方」の要素を兼ね備えたもの
        ********************

4【危機遺産】⇒後世に残すことが難しくなっているもの。
        **************************************
----------------------------------ここまで------------------------------

世界遺産からは、先人の成功と失敗、守り伝えてきたものが

見えてきます。

それは今、代を預かり次に渡そうとしている私達が

どう生きるべきかを問いかけてきます。

今回は、天壇(てんだん)です。

◆━━━━┓-------------------------------------------------
┃ 天壇 ┃基本データ
┗━━━━◆-------------------------------------------------

国名:中華人民共和国

所在地:北京市崇文区

登録年月日:1998年

遺産種別:文化遺産

◆━━━━┓-------------------------------------------------
┃ 天壇 ┃いつ、誰が建築したか?
┗━━━━◆-------------------------------------------------

洪武帝が南京市南郊に建設し、永楽帝が北京に遷都した際に

北京市南郊に天壇を建てました。

1889年に落雷で焼失しましたが、もと通りに再建されました。

◆━━━━┓-------------------------------------------------
┃ 天壇 ┃どんな目的で使われたか?
┗━━━━◆-------------------------------------------------

五穀豊穣を祈る円形の壇です。

雨乞いなども行われました。

◆━━━━┓-------------------------------------------------
┃ 天壇 ┃建物の構成
┗━━━━◆-------------------------------------------------

陰陽思想で故宮北郊の「地壇」・東郊の「日壇」・西郊の「月壇」

南側に南北中軸線を延長した位置に「天壇」が建てられました。

3層の屋根の「祈念殿」と、やや北側に「皇穹宇」があります。

祈念殿は高さ38m、直径30m、28本の柱が組み合わされた

円錐形の木造建築です。

◆━━━━┓-------------------------------------------------
┃ 天壇 ┃感想
┗━━━━◆-------------------------------------------------

壮大な風水ですねー。

故宮・天壇は北京駅周辺にあって、アクセスが楽そうです。

行ってみたいなぁ。


現地の映像・位置図へのリンク

http://laworld.web.fc2.com/tientan.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『世界遺産の歴史』   発行者:美海
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 ▽本日の「世界遺産の歴史」はいかがでしたか?
  ご意見やご感想など、ぜひ美海までお送り下さい。
   → miumi.k@gmail.com

▽解除・登録はコチラ
   → http://archive.mag2.com/0000258268/index.html

▽mixiにもいます。日記は一回も書いた事ないけどf(^^;)
  良かったら声をかけてください。
   →http://mixi.jp/show_profile.pl?id=7053150

☆__________________________________☆
∵☆∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵☆∵

  FAQ・ヘルプ | 利用規約 | メルマガ発行規約 | 広告掲載規約 | 個人情報保護方針 | 会社概要  
Copyright(C) 2002-2010 INFOCART,INC. ALL RIGHTS RESERVED.
インフォカート |  無料情報ドットコム