ログイン | トップ

 新・キャッチコピー塾!  マガジンID:02036
キャッチコピーとは、本来は広告です。その範囲を広げてメールの件名、ブログ記事のタイトルなど「キャッチフレーズ」をうまく作るにはどうすればいいかをアドバイスします。

最終発行日:2008年12月20日 総発行回数:6回
登録日:2008年8月20日 読者数:24
発行周期:週刊 登録料:無料
バックナンバー:最新号のみ公開 発行者のホームページ

 個人情報の取扱いについてをご確認の上、メールアドレスを入力して購読してください。
  
  

バックナンバー(最新号)

 メルマガの件名にこだわるな!
  発行日時:2008年12月20日 マガジンNo.02036
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   新・キャッチコピー塾!
   
   第7回 メルマガの件名にこだわるな!
                         (2008/12/20)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 こんにちは!
 ウェブライターの若草です
 いつもお読みいただき、ありがとうございます。
 初めてのみなさま、これからもヨロシクお願いします。
          (登録解除は一番下にあります)


------------------------------------------------------------


 クリスマスや年末年始ということもあり、
 各ショップさんからの告知メールが増えてますね。


 各ショップにそんな意識はないでしょうけど、
 こう一斉にばらまかれると、単なる迷惑メールです。


 どうせやるなら、2週間前から予告メールしておくとかね。


 ところで……。

 迷惑メールと判断され、購読解除が増える可能性が高いのに、
 なぜ、メルマガを量産するのか?




 それは、やっぱり効果があるからでしょう。


 100人が購読解除しても、10人に購入してもらえれば。

 つまり、売れてるってことなのでは?
 (若草は、すっ飛ばしているので実態は知りませんけど……)



 ◆メルマガの件名はどうする

 メールの件名に苦心している人が大勢いると思います。

 「どうやれば、開封してもらえるか?」

 あの手この手、
 ネット上のさまざまな事例、アドバイスを探し、
 必死になって、最善の策を検討していますよね?


 ですが……。
 あれこれ悩むよりは、毎週、手を変えてテストしていく方がマシです。
 (マシっていう程度……)


 こちらが考え、狙って、作為的に件名を作っても
 受け手はそんなことお構いなしですから。



 若草は、相手を説得することに関して、
 かなりの自信を持っています。
 (もちろん実績もあります)


 ですが、
 「誰でもメルマガを開封してしまう不思議な件名とは?」
 という特殊能力は持ち合わせていません。

 また、「誰でも開封する件名」なんて、ないと思ってます。


 説得に自信のある人間が、そう言ってるんですよ。

 なぜだと思いますか?


 そう!
 相手が誰かわからないのに説得なんかできないからです。


 説得にしても、ライティングにしても、
 キャッチコピーにしても同じ。

 出し手と受け手のコミュニケーション。


 どんなに思いを込めて情報発信しても
 受け手が受け取らなかったら、何ひとつ伝わらないのです。


 必殺のキャッチコピーなんて、幻想なんです。


 その状況を説明するのに、
 メルマガの受け取り方は象徴的です。


 「あ、メールがたまっちゃった。急いでチェックしなくちゃ」

 わずか10分で100通のメールを処理しなければならない時、
 あなたはどうしますか?

 優先度の高いものをチェックし、
 返信の必要なものには適宜、返信し、
 どうでもいいものは飛ばしていきますよね。


 こんな状態におかれた状況で、
 「え~なになに……これは興味深いな……」って、
 クリックすると思いますか?

 興味深い件名なんて、急いでいるユーザーには、
 腹立たしく、無意味なだけなんです。




 ◆相手を選ぶ、という戦略

 あなたが、時間をかけて素晴らしい件名を絞り出しても、
 受け手の都合でスルーされてしまうことも多いのです。


 ですから、Aパターン、Bパターンと、
 いろいろな戦法を試した方がマシだ、ということなんですよ。


 その中から、成功率の高いものを選ぶ。

 これは、賢い戦略です。

 不特定多数に配信しているメルマガだけど、
 リアクションのある特定のユーザーを中心に配信されている、
 ということになりますからね。


 つまりは、相手を見極めてコミュニケーションしている、ということ。

 これなら、説得力が格段に上がります。

 不特定多数の中の特定のターゲットに絞って情報発信しているので、
 ターゲットには、より正確に届くようになるのです。


 メルマガの件名にかかわらず、キャッチコピーでも、
 「テスト&チェック方式」はオススメです。



 ところで、メルマガの件名に関しては、
 もうひとつマシな戦法がありますが、
 それがまた次回にお知らせしましょう。



 キャッチコピーに関する質問を募集しています。
 質問のある方はこのメールに返信していただければ。


 探り探りのメルマガなので、様々なご意見募集中!
 今後ともよろしくお願いします!



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
新・キャッチコピー塾!
http://blog.livedoor.jp/waka00ww/
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
   発行者   若草俊一(Webライター)
   発行システム インフォマグ マガジンID:02036
   登録解除   http://www.infomag.jp/Site_2036.html
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
個人への転送や出典明記の引用はご自由に。流用・盗用はご遠慮ください。
   Copyright (C) 2008 Wakakusaya. All rights reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  FAQ・ヘルプ | 利用規約 | メルマガ発行規約 | 広告掲載規約 | 個人情報保護方針 | 会社概要  
Copyright(C) 2002-2010 INFOCART,INC. ALL RIGHTS RESERVED.
インフォカート |  無料情報ドットコム