ログイン | トップ

 食工房 晃満通信☆ココロとカラダのHappyライフ  マガジンID:07897
望診法であなたの顔から体調診断!食生活をはじめとする、生活習慣の指導や、自然なお手当・自然療法を組み込んだ、ナチュラルなケアをご提案する、鈴木ゆかりが送る、日常をHappyに過ごすワンポイントレッスンです。

最終発行日:2017年10月20日 総発行回数:122回
登録日:2014年10月11日 読者数:151
発行周期:自然のリズムに合わせて 登録料:無料
バックナンバー:最新号のみ公開 発行者のホームページ

 個人情報の取扱いについてをご確認の上、メールアドレスを入力して購読してください。
  
  

バックナンバー(最新号)

 (vol.122)☆秋土用入りと新月と
  発行日時:2017年10月20日 マガジンNo.07897
<天秤座新月です>

今朝、4時過ぎに、天秤座の位置で新月を迎えました。

天秤座は、パートナーシップや、美・芸術、そして金運などをテーマに持つ星座。

新月の願い事がまだの方は、これらを意識した内容にすると、叶いやすいですよ♪

天秤座の美のポイントは、「周りからどう見られるか?」

なので、この秋は、流行りのオシャレを楽しんでみてもいいですね。

また、芸術鑑賞なら、誰もが認める、オーソドックスな芸術作品がおススメです。

と、ちょっと星読みのような解説を書いてみました。


<秋土用もスタート>

さて、日本の暦では、今日は秋の土用入りです。

土用とは、立春・立夏・立秋・立冬の前の、約18日間を指します。

いわゆる、季節の変わり目にあたるタイミングです。

このメルマガの読者さんなら、耳タコかもしれませんね(笑)

土用は、一般的には土いじりをしてはいけないと言われています。

季節の変わり目なので、自然界の氣が入り乱れていて、安定しないため。

この時期、土の中では、終わった命と始まる命の調整が行われているんです。

季節は秋から冬へと移行していくこの時期、

枯れ葉が地面に落ちて、ここから微生物の働きで、ゆっくりとそれらが土の栄養へと変化していきます。

これと同じことが、私たちの体の中でも、毎日行われていますね。

それが、消化吸収です。

命を失った、動植物を私たちは、毎日食べています。

それらを消化し、栄養素を吸収し、不要なものは排泄する。

そうやって、命を失った動植物たちは、私たち人間の体の一部へと生まれ変わっていくのです。

ですから、消化器の働きは、五行説の「土」に分類されるわけです。



<秋土用に食べるといいモノ>

さて、土用の丑の日については、みなさんもよくご存じだと思います。

しかし、土用の丑の日に「う」の付くものを食べるのは、夏土用に限ってのことです。

これは、昨年の秋土用の際にもお伝えしたのですが、もう少し詳しく書いてみますね。

五行説では、暦の月を「1月、2月」といった数字ではなく十二支で表わします。

子(ね)=11月
丑(うし)=12月
寅(とら)=1月
卯(う)=2月
辰(たつ)=3月
巳(み)=4月
午(うま)=5月
未(ひつじ)=6月
申(さる)=7月
酉(とり)=8月
戌(いぬ)=9月
亥(い)=10月

ちなみに、茶道の世界では、11月がお正月とされています。

風炉から炉へと、設えが変わる時期でもあります。

それも、「子」が十二支のスタートであることを見ると、納得ではないでしょうか?


えーっと、話しを戻しますね(汗)

五行説では、季節に色もあてはめられます。

これらの色と十二支をまとめると、

春は「青色、辰」
夏は「赤色、未」
秋は「白色、戌」
冬は「黒色、丑」

さて、土用には、反対の季節に対応するものを食べるといいと言われています。

夏土用の反対の季節は冬。

冬に当てはまるのは、黒色の「丑」。

このことから、夏の土用には黒色で「う」のつく「うなぎ」が食べられているというわけです。

秋土用の場合は、反対になる季節は春ですね。

青色で、「辰=た」のものを食べると体にいいというわけです。

この時期に旬を迎える、青魚のサンマは、秋土用にはピッタリ。

とはいえ、魚を食べる時には、ちゃんと毒消しの食材も一緒に摂りましょう。

青魚には、大根おろしが毒消しになります。

(大根も「た」のつく食べ物です!)

そして、生姜や柑橘類、海藻、ゴボウも、これからの季節に魚の毒消しとして働いてくれます。

(夏なら、シソとかみょうがもGood!)

それでは、秋土用の「辰(た)」の日はいつでしょう?

ハイ、実は今日なんです。

まだお夕飯てベてないよ~!という方は、今からサンマと大根おろしをどうぞ^^;

そして、ご安心ください。

11月1日も、辰の日ですから、この日もサンマと大根おろしで、決まりです!!



<ホントは・・・>

ちょっと、「秋土用に食べるといいモノ」が長くなってしまったので、

秋土用と天秤座の繋がり・・・という、私独自の目線はちょっと書ききれませんでした。

これも、説明するのに長くなりそうなので・・・(汗)

もしも、読みたい方がいらっしゃったら、書くかもしれません。

そこは、リクエスト次第という事で。

最後に、土用の期間は、消化器の働きに負担がかかりやすくなります。

実りの秋で、美味しいものが多いシーズンですが、

腹八分目!!

暴飲暴食は、控えましょうね。

  FAQ・ヘルプ | 利用規約 | メルマガ発行規約 | 広告掲載規約 | 個人情報保護方針 | 会社概要  
Copyright(C) 2002-2010 INFOCART,INC. ALL RIGHTS RESERVED.
インフォカート |  無料情報ドットコム