ログイン | トップ

 男と女の気持ちいセックス  マガジンID:08261
安全で安心して楽しめるセックスとは何か、男と女が気持ちいいセックスを学べるメルマガです。

最終発行日:2015年11月16日 総発行回数:9回
登録日:2015年10月25日 読者数:7
発行周期:不定期 登録料:無料
バックナンバー:全て公開 発行者のホームページ

 個人情報の取扱いについてをご確認の上、メールアドレスを入力して購読してください。
  
  

バックナンバー

 セックスの前の前戯について
  発行日時:2015年11月16日 マガジンNo.08261
こんにちわ、オヤジンです。



今日も一日セックスについて学びましょう!



今日のテーマは
「前戯」についてお話します。



今までにも何度もお話したように
女性は精神的、ムード、シチュエーション
こういったものをとても大切にする生き物です。



それに比べて男性はいきなり
襲い掛かるくらいの勢いで
性的欲求は女性よりもかなり強い
生き物です。



だからといっていきなり女性に
襲い掛かるなんてことは当然やってはいけない
嫌われる行為だということは男性は理解しましょう。



まず、前戯はお互い服を着たまま
スタートしましょう!



ベッドインしていきなり前戯もなしで
彼女の性器を触るなんてことはあなたの
愛情を疑われても仕方がない行為です。



特に女性の場合は、性器そのもの
よりも全身へのタッチで性的興奮
のスイッチが入る傾向が強いとされています。



じれったいかもしれませんが、
まずはお互いの身体にまんべんなく
触れ合うことから始めてください。



最初は肌が見えている部分から愛撫
していきましょう!



耳たぶ、うなじなど感じる部分は
いくらでもあります。



ここでもいくら服の上からだと言って
いきなり乳房や性器を触るのはNGです。



次に上着を脱いでお互い下着だけになります。
直接肌に触れる部分が先程よりも
増えてきますね。



彼女の太ももの内側、おへその周り
背中や二の腕、わきの下、順番にやさしく
愛情を持って愛撫しましょう!



パンティの淵に舌をはわせるのも
とても効果的です。



このように性器以外から徐々に
攻めていくと乳房や性器はおのずと
後回しになりますよね。



要するに「大きな快感を得れる部分は後回しにする」
これが愛撫の手順です。



上手に焦らされるほど快感は大きくなり
女性はイキやすくなるわけです。



この段階で性感帯ではないといって
彼女の髪の毛や手や爪など神経が通っていない
部分をスルーすることはとてももったいないことです。



あなたにやさしく触れられると
例え神経が通ってない部分であっても
彼女は嬉しいものなのです。



男にとっても、彼女が好き
という気持ちがあればおのずと
色んな所に触れてみたくなるはず



そんな気持ちの赴くままに
愛撫してかまいません。



愛撫には色んな仕方がありますが、
例えば濡れた唇に舌を這わせる、
歯を立てる、時にはローターなどの
アダルトグッズを使う等々


しかし、必ず知っておいてほしいことがあります。



それは、「彼女の反応を見る」ことです。



愛撫の最中無心に乳房や性器に
目を奪われて肝心な彼女の反応を
見ずに自分本位に愛撫したりしていませんか?



男性としてはこれでは彼女を満足させることが
できない場合があります。



やはり頭の中にちょっとした余裕や、
冷静さは持ち合わせたいものです。



そして、愛撫の際に彼女の顔を見て
表情から彼女は感じているかいないか
男性は見極める必要があります。



人によってその表現が異なりますが、
顔が紅潮したり、または眉間にしわを寄せてみたり、
女性ひとりひとり特有の表現の仕方がありますので
まずは、その感じてるサインを見極めるように努めましょう!



もし、分かりにくければ
どうしてほしいのか直接尋ねてみるのも
効果的です。



こうして身体のいたるところに触れた結果
彼女が快感に酔いしれ始めれば、”お待ちかね”
下着を脱がせるタイミングです。



乳房や性器など、彼女の敏感な部分への
愛撫を始めましょう。



男に取ってこの瞬間がなんとも
たまらん喜びですね。



決して焦らずに優しく愛情を持って
彼女に愛撫するように努力してくださいね。



焦りは禁物です。



最後まで読んでくれてありがとうございました。

  FAQ・ヘルプ | 利用規約 | メルマガ発行規約 | 広告掲載規約 | 個人情報保護方針 | 会社概要  
Copyright(C) 2002-2010 INFOCART,INC. ALL RIGHTS RESERVED.
インフォカート |  無料情報ドットコム