ログイン | トップ

 山するめの読書ナビゲーター  マガジンID:03651
読書中毒の山するめが読んだお勧め本の要約、 感想、購入案内を致します。 生活を豊かにするための読書ナビゲーターと してご購読ください。

最終発行日:2015年6月27日 総発行回数:24回
登録日:2009年11月4日 読者数:58
発行周期:不定期 登録料:無料
バックナンバー:全て公開 発行者のホームページ

 個人情報の取扱いについてをご確認の上、メールアドレスを入力して購読してください。
  
  

バックナンバー

 70年代カルトTV図鑑
  発行日時:2010年1月18日 マガジンNo.03651
「70年代カルトTV図鑑」
文春文庫PLUS 629円+税 岩佐陽一著

戦後日本が経験したエネルギーあるれる70年代に制作されたテレビ番組の解説本です。

「愛の戦士 レインボーマン」「バトルホーク」「シルバー仮面」「アイアンキング」
「ウルトラマンレオ」「デンセンマン」(みごろ!たべごろ!笑いごろ)「必殺シリーズ」
「俺たちの旅」「18歳シリーズ」「アパッチ野球軍」「鋼鉄ジーグ」「タイガーマスク」
「ゲッターロボG」などが扱われています。

レインボーマンの項の24頁では、レインボーマンの敵(死ね死ね団)が日本兵に虐殺
された外国人の反日組織であるという設定に触れられており、戦後処理の進む時代の作品
であることを再考。

続く26頁では、レインボーマン(=タケシ)が敵の罠にはまって発狂、「わ~い、お魚が
いっぱい、泳いでいるよ~」と(マジで)叫ぶエピソードが紹介されています。

この作品には宗教を利用した犯罪が出てきたり、飢餓からヒーローを悪の組織に差し出す
日本人など、美談などかなぐり捨てた”人間臭さ”が大いに語られています。
(今みたいに、色々うるさくなかったんですね)

僕が好きだったのはシリーズ完結作品の「コンドールマン」(49頁より解説)のモンスター一族。

ゼニクレージー、ゴミゴン、ヘドロンガーなど人間の悪の心から産まれた敵と、コンドールマン
との対決は何とも複雑なものがありました。

更には永井豪率いるダイナミック・プロ原作の「バトルホーク」(64頁~)では、3人のヒーロー
がでかい斧で敵を惨殺する様がほほえましく解説されています。

他にも読みどころ満載!団塊の世代必読の書です!
お勧め★★★★★!

紹介ブログ↓
http://pub.ne.jp/yamasurume/?entry_id=2680853
http://booklog.jp/users/yamasurume

--------------------------------------

無料DVD[ブログを使った集客の盲点]
http://123direct.info/tracking/af/202533/NN4YgBvw/

あなたに合った結婚紹介サービスが気軽に探せる!
http://www.accesstrade.net/at/c.html?rk=01004dgj003ee3

RCT日記フォト倶楽部
http://123direct.info/tracking/af/202533/7DkjgXac/

  FAQ・ヘルプ | 利用規約 | メルマガ発行規約 | 広告掲載規約 | 個人情報保護方針 | 会社概要  
Copyright(C) 2002-2010 INFOCART,INC. ALL RIGHTS RESERVED.
インフォカート |  無料情報ドットコム