ログイン | トップ

 名古屋市はじめ行政の圧制から身を守る方法  マガジンID:03823
来る市議会議員選挙に向けて総入れ替えを計画しております。その計画及び進行状況などを逐次お知らせしていければと思います。

最終発行日:2012年11月25日 総発行回数:12回
登録日:2010年2月6日 読者数:366
発行周期:ほぼ週間 登録料:無料
バックナンバー:全て公開 発行者のホームページ

 個人情報の取扱いについてをご確認の上、メールアドレスを入力して購読してください。
  
  

バックナンバー

 ★名義の重要性★
  発行日時:2012年1月21日 マガジンNo.03823
☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――――



 名古屋市はじめ行政の圧制から身を守る方法

―――――――――――――――――――――――――――――  第 8 号
 発行がすっかり滞ってしまい、3ヶ月もあいてしまいました。その間に、いろ
いろなことがありましたが、大坂と違って名古屋の改革はだめそうです。

 できることをしていこうとおもいましたが、議員と一般人では限界があります。

 一市民として出来ることも議員に妨げられてしまいました。

 その点は編集後記で

第8号の目次
■名義の重要性
■編集後記


___________________________________
■名義の重要性

 最近は、銀行口座を作るのでさえままならなくなってきました。今日も新しい
口座を作りに行きましたが、確認をせよ、チェックせよ。サインは別として、い
ろいろな面倒なことが増えてきました。

 挙句の果てに、引き出し額の制限とか。来るべき預金封鎖に向けてなれさせる
という意味合いがあるのかと疑ってしまいます。

 名目上は、振り込め詐欺対策とか行ってますが、日本という国はなんにしても
役所の利益が第一の国のようですから、疑ってかかるのが一番です。

 銀行口座とクレジットカードというのは今の生活に必要不可欠といってもいい
ほどのもので、この名義というのが重要になります。

 役所にしてみれば、これで収入と支出を把握することができますし、差し押さ
えにしても銀行情報は筒抜けですから、名義でおさえられてしまいます。

 銀行口座とクレジットを偽名で作れればいいのですが、身分確認が厳しくなっ
て簡単にはいきません。

 住所に関しては、現状、変えようはありますけどね。

 となると、国税に関しては口座把握されないようにするのは無理としても、地
方に関しては、手はありそうです。

 いずれにしても私設私書箱は必要になりますけどね。あるいは、すんでいると
ころ以外で、郵便を受け取れる環境にないといけないですね。

 役所に金をやっても無駄な人件費に消えるだけ、あらゆる抵抗をして払わない
ようにするくらいでないとだめでしょう。

 役所の内情を知り、理由があって支払いを拒否するということはあってもいい
と考えます。

 仕事をしないくだらない役人にやる金はないと。 

■編集後記--------------------------------------------------------------
 この間、分限免職規定を作ることなどを趣旨とした請願書草案をある減税市議に
送りました。

 党に図り、返事をするということで、結果、請願紹介を断られました。

 減税日本は全体として分限免職規定を作る気がないということです。リストラを
含めた行財政改革はやらないと。

 陳情という手もありますが、議会に諮ることなくもみ消すための手続きのような
ものですし、与党である減税日本が採択しないと決めたものであれば、なおさら。

 あきれてものが言えないとはこのことです。あとは、衆議院の解散で市長が出馬
残った市議らは烏合の衆でてんでばらばら。

 自然消滅といったところでしょうか?


___________________________________

メールマガジン「名古屋市はじめ行政の圧制から身を守る方法」
ブログ http://bureiuti.blog.shinobi.jp/
☆発行責任者:ももたろ
☆インフォマグの発行です。
☆問い合わせ:recoll@mail.goo.ne.jp
☆登録・解除:http://bureiuti.blog.shinobi.jp/

  FAQ・ヘルプ | 利用規約 | メルマガ発行規約 | 広告掲載規約 | 個人情報保護方針 | 会社概要  
Copyright(C) 2002-2010 INFOCART,INC. ALL RIGHTS RESERVED.
インフォカート |  無料情報ドットコム