ログイン | トップ

 楽しい《たとえ話》で直感的に分かる物理の考え方  マガジンID:00533
開講わずか2年で、東大、京大、医大の合格者を輩出する驚異の「物理ネット予備校」。その講師(「微積で楽しく高校物理がわかる本」著者)が、物理初心者でも楽しめるように、たとえ話で物理を熱く語る人気メルマガ!

最終発行日:2007年11月30日 総発行回数:9回
登録日:2007年7月20日 読者数:25
発行周期:隔週 登録料:無料
バックナンバー:全て公開 発行者のホームページ

 個人情報の取扱いについてをご確認の上、メールアドレスを入力して購読してください。
  
  

バックナンバー

 《たとえ話》で分かる物理116号◆どっちが動いているの?(3) 
  発行日時:2007年11月26日 マガジンNo.2007112613242000533
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
       楽しい《たとえ話》で直感的に分かる物理の考え方
                2007/11/26 117号 3590部(まぐまぐ)
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
配信解除はこちら→ http://phys-yobiko.com/
物理の学習法なら→ http://webkouza.com 

こんにちは。
田原です。

今回のメルマガも、引き続き、「慣性系」について考えたいと思います。


◆「難関大・徹底対策講座」について

この講座は、かつて予備校で行った「難関大合格のための75分の時間割」という
企画と、今年も行っている「記述・論述対策の添削講座」とを合わせた内容に
なっています。

予備校で行った講座の受講生から感想をいただきましたので紹介します。

-----------------------------------------------------------------------------
●ばたこさん(東京工業大学 合格)

私は高校3年になる春から田原先生の物理の授業を受講するようになりました。

それまで物理は嫌いではなかったものの、公式を幾つも覚えて問題に当てはめて
いかなければならないので、とにかく大変な教科だと思っていたのです。

しかし、やはりそのような意識ではテストの点数も伸びず、化学が大の苦手だった
私は物理をなんとか得意科目にしたいと思い、田原先生の授業を受講することに
決めました。

田原先生の授業から学んだことはたくさんありましたが、中でも特に私の中で
プラスになったことの一つは、公式を覚えずとも試験で忘れたら自分で導出すれば
良いという点です。

特に力学では微分積分を使うことで簡単に公式を導出できる上、単なる公式からは
見えてこないうような運動の図形的意味も一緒に見いだせるという驚きと納得の
事実を教えていただきました。

また受験を念頭に置いた「難関大の。。」では、その問題の設定を見れば
自分で問題を作れてしまうくらい手を動かして段階を大切にしながら解いていく
大切さを教わりました。

自分で問題を完璧に完全に解くことに意識をおくのではなく、限られた時間の中で
自分が「いける!」と思うものから手をつけていき、特に難しいものは後でじっくり
考えるという取り組み方は、実は普段の自主演習では養われにくいものです。

波動の問題が出て、「波動は得意だからぜったい解いてやる」と意気込んでそれ
にばかり時間を費やして、他の大問の簡単な問いまで落としてしまうということが
多々あります。

難関大の問題はそういった意味で、自分の問題に対する執拗さを削っていく
練習でもあります。

試験には色々な制限があって、それは試験時間や難易度、合格ボーダー、自分の学習
の達成度など、思っている以上にたくさんあります。

そういう点では、諦める勇気も大切だと思うのです。

時間が短いから完答は厳しい、それならこの大問二つは頑張って残りの問題は半分
まで頑張ろう、とか、まだ電磁気の分野が理解しきれていないから、今回は出来る
ところまで解いて解答が返却されたら復習をしっかりしよう、とか。

全部を投げ出してしまうのではなく、ベストを尽くしながらも自分の課題を確認
していくような形で。

全部を完成させて100%で受験に行ければそれが一番ですが、≒100%でもいいと
思います。

精神的な部分がやっぱり一番の要になるはず、あと少し走り切ってください。

---------------------------------------------------------------------------

入試に対する考え方を転換すると、対策法も変わってきます。
過去問を使った練習法も変わってきます。

今、考え方を転換すれば、入試までの間にそれを定着させることができます。

模試で実力を100パーセント発揮できない人
計算ミスなどケアレスミスが減らない人

こういう人には特におすすめです。

「難関大・徹底対策講座」→ http://phys-yobiko.com/kouza12.html


◆ 物理Web講座ネット(SNS)のバージョンアップについて

現在、物理Web講座ネット(SNS)のバージョンアップ作業を行っています。

数分から数時間で終了するとのことだったのですが、3日間たってもまだ終わり
ません。

それにともない、SNSにログインできなくなっています。
また、招待状も送ることができません。

現在、運営元に問い合わせのメールを送り、回答待ちです。

会員の皆さんにはご迷惑をおかけしております。

もう少しお待ちください。

11月30日からリニューアルイベントがスタートします。

それまでには復旧していると思いますので、11/30,12/1,2の3日間に、ぜひ、
ログインしてみてくださいね。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■どっちが動いているの?(3)
───────────────────────────────────────

前号で書いた問題について、説明します。

電車に乗っている何太郎君と勘太郎君が、電車(地球号)と地面のどちらが動いて
いるのかをどうやったら知ることができるのかについてしゃべっています。

----------- たとえ話の一部-----------------------------------------------
何:でも、もしだよ。
  僕たちがこの地球号で生まれ育っているとするよ。
  そして、目的地に着く前に僕たちの寿命は尽きてしまうとするよ。
  地球号には、一定の強さでブレーキが踏まれているとするとどうだろう?

勘:どちらかが加速度運動をしているということは、景色が等速で動いて
  いないから分かるんだね。

何:でも、、一定の強さでブレーキが踏まれているから、よろけることもない。。

勘:つまり、どっちが減速しているかは分からないんだね。

----------- たとえ話の一部-----------------------------------------------

これについて、前号のメルマガでは、いただいたメールを引用して、
みなさんと一緒に考えました。

---------- 前号のメルマガより ------------------------------------------
> 勘:つまり、どっちが減速しているかは分からないんだね。

減速=加速度運動している方は非慣性系になるわけですから、どちらが減速して
 いるかどうか分かるのでは?

 (田原)これをもうちょっと考えてみたいです。

 電車が等加速度運動をしているとします。電車の中にいる人にとっては、
 進行方向へ一定の慣性力を感じるとします。

 天井のつり革は、一定の角度で前方に傾いて静止していることでしょう。

 このとき、電車に乗っている人が次のように考えたとします。

 (1)電車が加速度運動をしている。
 (2)電車の床が傾いている。

 この2つを区別するにはどうしたらよいでしょうか?

---------- 前号のメルマガより ------------------------------------------

この問いに関する僕の考えです。

(1)と(2)は区別できないと思います。

互いに等速直線運動をする座標系は、同じ運動方程式に従います。

互いに加速度運動をする座標系は、同じ運動方程式に従わず、慣性力の分だけ
運動方程式が異なってしまいます。

ただ、その場合でも、どちらが慣性系で、どちらが非慣性系というふうに
特定できるわけではなく、一方から見ると、他方が加速度運動しているように見える
という相対的な問題だと思います

(別の考えをお持ちの方、メールくださいね。)

「物理法則が一般的であるのなら、誰から見ても同じ形になるはずだ!」
と考えると、ニュートン力学は、互いに等速直線運動をする人同士では、
同じ法則に従いますが、互いに加速度運動をしている人同士では、法則が
一致しません。

この困難を克服し、互いに加速度運動する人同士が、同じ運動法則に従うため
には、どのような法則だったらよいのかを考えて作ったのが、一般相対性理論です。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●物理ネット予備校の無料講座を受講していない人は。。。
 こちら→ http://phys-yobiko.com/muryo1.html
----------------------------------------------------------------------
●姉妹メルマガもよろしくお願いします。
[物理の美しさに感動したい人集合!微積物理超入門」
  登録→ http://www.mag2.com/m/0000151538.html

●こちらのサイトもよろしくお願いします。
 大学受験物理学習マニュアル http://webkouza.com
 物理の疑問Q&A        http://webkouza.com/qa
 センター試験物理.com    http://webkouza.com/center
医学部再受験.com    http://webkouza.com/igaku
予備校講師の参考書レビュー http://koushinome.seesaa.net/
----------------------------------------------------------------------
発行者:田原真人
E-mail:info @ rikasougou.com(このメルマガに返信してもO.K.)
 (迷惑メール防止のため@の前後に空白を入れています)
※無断転載を禁じます。
Copyright(C)2004-2005 Kumanekosha. All rights reserved.

━━━━━━━━━━━━━リンクサイト募集!━━━━━━━━━━━━━

このコーナーで、物理ネット予備校へリンクしてくれたサイトを紹介します。
(リンク頂いた、サイト/ブログ 管理人の方、ご連絡をお願いします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記
───────────────────────────────────
物理Web講座のSNS、phys-com(フィズコム)は、大きな可能性を持って
いると思います。

社会人で物理を学ばれている方
受験生の親御さん

こういった方たちにとっては、情報交換の場が今まで少なかったと思います
ので、情報を交換したり、楽しくコミュニケーションしたりできるような空間
に育てていけたらいいなと思っています。

  FAQ・ヘルプ | 利用規約 | メルマガ発行規約 | 広告掲載規約 | 個人情報保護方針 | 会社概要  
Copyright(C) 2002-2010 INFOCART,INC. ALL RIGHTS RESERVED.
インフォカート |  無料情報ドットコム