ログイン | トップ

 楽しい《たとえ話》で直感的に分かる物理の考え方  マガジンID:00533
開講わずか2年で、東大、京大、医大の合格者を輩出する驚異の「物理ネット予備校」。その講師(「微積で楽しく高校物理がわかる本」著者)が、物理初心者でも楽しめるように、たとえ話で物理を熱く語る人気メルマガ!

最終発行日:2007年11月30日 総発行回数:9回
登録日:2007年7月20日 読者数:25
発行周期:隔週 登録料:無料
バックナンバー:全て公開 発行者のホームページ

 個人情報の取扱いについてをご確認の上、メールアドレスを入力して購読してください。
  
  

バックナンバー

 《たとえ話》で分かる物理102号◆質量がエネルギー?
  発行日時:2007年8月19日 マガジンNo.2007081922165200533
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
       楽しい《たとえ話》で直感的に分かる物理の考え方
                2007/8/19 101号 3349部
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
物理ネット予備校はこちら→ http://phys-yobiko.com/


こんにちは。
田原です。

先週は、近くの公園にセミが大発生していました。

公園の木という木には、アブラゼミやミンミンゼミがたくさんとまっていて、
地面には、幼虫が出てきたと思われる穴がぽこぽこと。。。

童心にかえって捕まえてみると、簡単に手で捕まえられました。

子供のころにつかんだ奥義、

「気配を最後まで消して捕まえる」

は、今でも通用しました。


今週は、セミもだいぶ少なくなっていました。
ためしに捕まえてみたミンミンゼミは、飛ぶこともできないほど消耗していました。

夏も、もうすぐ終わりだとなと、感じてしまいました。


今回のたとえ話は、E=MC^2についてです。

それでは、たとえ話モードに突入!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■質量もエネルギー保存則の仲間に入れてください!
───────────────────────────────────

エネルギー商店街では、この商店街だけで使える地域通貨、「ジュール」が、
盛んに使われています。

加盟店になるためには、エネルギー商店街保存会のメンバーの承認が必要で、
メンバーから適切だと

商店街の老舗のひとつ、「引越しの力学屋」の社長、市野たかしの口癖は、

「ジュールで払えば、勉強しまっせ!」


大手電気店に真っ向勝負を挑んでいる小さな電気屋、サンエー堂では、

「ジュールで払えばポイント10倍!」のポイントカードを発行している。


昨年、商店街に新しいメンバーが入りました。


「根津薬局」です。これまで、ずっとエネルギー商店街に入ること
を希望していて、ついに、商店街のメンバーにふさわしいと認められ、
ジュールを使える加盟店になりました。

根津薬局の社長、根津甚七は、地元テレビ局の取材で、

「根津が、エネルギーの一員に入れてもらって、ほんとうれしいです」
と涙声で語りました。


今年、エネルギー商店街を揺るがす大ニュースがありました。

隣町のライバルで、「キログラム」という地域通過を使っている質量銀座
保存会の会長で、「ふとんの質量」の社長でもある、エムシー二条が、
エネルギー保存会への加盟を申し込んできたのです。

「ふとんの質量」の店舗をエネルギー商店街へ出店し、キログラムとジュールを
一定の割合で換金できるようにしてほしいとの申し入れでした。

力学屋、電気屋、根津薬局のメンバーは、集会所で相談を重ねました。

ネックになったのは、キログラムとジュールの換金率をどうするかという
点でした。

エムシー二条は、1キログラムを、10^20ジュールにすることを要求していました。

1キログラム札を持って、エネルギー商店街で買い物をすれば、1ジュール札が、
10^20枚と変えられるようにしろという要求です。

何回かの折衝の結果、結局、

1キログラム=9×10^16ジュール

という換金レートに決まりました。


メンバーの心に浮かんだものは、

「別々になっていたものが、統合されていく。。それが、時代の流れだ。。」

というわけで、質量は、エネルギーの仲間入りをし、エネルギー商店街は、
大きな転換をすることになったのでした。

★たとえ話終了★

アインシュタインの式 E=MC^2という式が、登場する前は、
エネルギー保存則と、質量保存則は、別々に成り立っていると考えられていました。

質量保存則というのは、物質の不生不滅の法則として、感覚的にも受け入れやすい
ものだったと思います。

そこに登場した、E=MC^2が意味するところは、

質量保存則は、常に成り立つとは限らないんだ!

そして、質量は、エネルギーが互いに変換するんだ!

ということだったんです。

つまり、別々だと考えられていた2つの保存則が、拡張・統合され、
エネルギー保存則として一つにまとめられてしまったのです。

これは、大事件ですね。


「質量とエネルギーが互いに変換される」といっても、
日常生活の延長線上では、なかなかイメージするのが難しいですね。


具体例で説明します。

たとえば、静止していた放射性原子核が核分裂する場合を考えてみます。

核反応などでは、反応前と後では、物質の質量の和が異なります。
つまり、質量保存則は、成り立ちません。

原子核の質量がちょっとだけ減少し、その減少分の質量が分裂後の原子核の
運動エネルギーに転換し、原子核はものすごい勢いで分裂します。

E=MC^2の、Mは質量で、Cは光速です。

光速の大きさは、

C=3.0 ×10^8m/s

で、その2乗がかかっているので、減少した質量が小さくても、放出されるエネルギーは、
とても大きくなります。

E=MC^2は、「質量もエネルギー保存則の仲間に入れてください!」

という式です。そして、その変換レートは、ものすごく大きく、ちょっとの質量の変化が、
大量のエネルギーと変換されるのです。



◆無料レポート「14日で完成する!センター講義の使い方」

今回の講座を作るにあたって、どうやったら、一番有効に講座を受講してもらえるか
ということを考えました。

PCレター講座であることを、最大限利用すれば、参考書を読んで勉強するのとは、
全く違った効率的な学習法が可能のなのじゃないかと。。。


物理Web講座は、PCレターを導入してから、2年になります。

この間、2000人以上の受講者がPCレター講義を受講してくださいました。


全く新しい道具であるPCレターを使って、どうやったら効果的な勉強ができるのかを、
たくさんの方が試行錯誤してきたのです。

2倍速再生や、4倍速再生といったPCレターならではの機能を、学習にどうやって
生かせばよいのか。。。


たくさんの方から、お話をうかがっていると、PCレターを有効利用している人には、
ある共通点があることに気がつきました。

その意味に気づいたときは、


「なるほど!確かにこのやり方のほうがよさそうだ!」


と思いました。

もし、僕が、PCレターを使って、何かを勉強するとしたら、やっぱり、同じやり方
をすると思います。


PCレターを使った効率的学習法を無料レポートで公開します。

内容は、

(1)PCレターを使った「裏技」学習法
(2)14日間で完成するためのスケジュール
(3)おすすめセンター対策問題集

となっています。

田原の物理(センター編)第1講(無料)に申し込むと、ダウンロードできる
ようになります。

センター編を受講しない人も、PCレターの使い方が参考になると思いますので、
ぜひ、ダウンロードしていってください。

「全体のストーリーをつかむ」→「部分を深める」がキーワードです!

↓こちらに申し込むとダウンロードできます。

○田原の物理(センター編)第1講(無料)
 http://phys-yobiko.com/kouza11.html



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●物理ネット予備校の無料講座を受講していない人は。。。
 こちら→ http://phys-yobiko.com/muryo1.html
----------------------------------------------------------------------
●姉妹メルマガもよろしくお願いします。
[物理の美しさに感動したい人集合!微積物理超入門」
  登録→ http://www.mag2.com/m/0000151538.html
「理科総合でセンター突破!予備校講師がおくる必勝法」
  登録→ http://www.mag2.com/m/0000152567.html
----------------------------------------------------------------------
発行者:田原真人
E-mail:info @ rikasougou.com(このメルマガに返信してもO.K.)
 (迷惑メール防止のため@の前後に空白を入れています)
※無断転載を禁じます。
Copyright(C)2004-2005 Kumanekosha. All rights reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記
───────────────────────────────────
今回は、地域通貨にエネルギー保存則を例えてみました。

地域通貨については次のHPを参考にしました。
http://www3.plala.or.jp/mig/whats-jp.html

同じ通貨を使うというのは、同じ舞台で競争をするということだと思います。
そうなると、大資本が圧倒的に有利です。

地域通貨というのは、舞台を変えることで、地域を守るという取り組みだと
思います。

法的な問題を含めて、いろいろと問題があるようですが、興味ふかい試みだと
思いましたb。

  FAQ・ヘルプ | 利用規約 | メルマガ発行規約 | 広告掲載規約 | 個人情報保護方針 | 会社概要  
Copyright(C) 2002-2010 INFOCART,INC. ALL RIGHTS RESERVED.
インフォカート |  無料情報ドットコム