ログイン | トップ

 運転が好きになる成長のメールマガジン  マガジンID:07342
現役教習指導員が日々の教習や運転中に学んだこと・気付いたことを分かりやすくレッスンし、アナタの運転のお役に立ててもらうためのメールマガジンです。雨の日も風の日も週一で発行していきます。

最終発行日:2015年7月19日 総発行回数:103回
登録日:2013年9月25日 読者数:12
発行周期:週間(日曜朝9時) 登録料:無料
バックナンバー:全て公開 発行者のホームページ

 個人情報の取扱いについてをご確認の上、メールアドレスを入力して購読してください。
  
  

バックナンバー

 337 どの車線を選ぶかは、自由だ~
  発行日時:2015年4月12日 マガジンNo.07342
☆☆☆━━━━━━━━━━━━━━━
運転が好きになる成長のメールマガジン
【vol.337】 2015.4.12発行 
━━━━━━━━━━━━━━━☆☆☆
 <もくじ>
1、はじめに
2、メインコンテンツ
3、編集後記

□□□□□□□□□□□□□□□□□

1、はじめに

~今日のテーマ~
【どの車線を選ぶかは、自由だ~】



【運転】メールマガジンの読者の
みなさま、おはようございます。


前号は、運転姿勢の大切さと
その決め方についての内容を
お送りしました。

いいシートの条件は、【骨盤が立つ】
です。

今週号は、車線のチョイスについての
内容です。

アナタは片側2車線の道路ではどの車線
を通りますか?

3車線の道路では?

■■■■■■■■■■■■■■■■■

2、メインコンテンツ


【どの車線を選ぶかは、自由だ~】



片側2車線の道路をずっと直進する
というとき、アナタならどちらの
車両通行帯(車線)を通りますか?

もちろんその道路によって違うでしょう
し、その時の状況によっても変わると
思います。

例えば、その道路にいつも駐車車両が
停まっていることが分かっている場合、
右の車線を走行しますよね。

もしかしたら駐車車両の有無に関わらず、
基本は右の車線を走るという考えの人も
いらっしゃるかもしれませんね。

左側の車線は、自転車や原付のような
遅い乗り物はもちろん、普通自動車でも
遅いクルマが走行している可能性が高い
ですし。

また、前方に左折車があれば速度を
落とすことを余儀なくさせられるわけ
ですし、下手すると左折車の歩行者待ち
の停止につき合わされる可能性も。

右車線の場合は、流れ的にはスムーズな
場合が多いのですが、前方の右折車には
気をつける必要があります(追突や
右折待ちにつき合わされることに)。


ところで、道路交通法ではどのように
規定されているのかご存知ですか?

なんと、<片側2車線の道路を走行する
時、すべての車両は左側の車線を走行し、
右の車線は【追い越し・右折】のために
空けておく>ということなのです。


このルールは、理想論に近いです。

追い越しと右折の時以外は絶対に左の
車線に戻るということを、どのクルマも
尊守したらどうなるでしょうか?

クルマの台数が少ない時ならそれでも
大丈夫でしょうけど、クルマが多いとき
は交通が麻痺してしまいます。

どうなるか想像できますか?

それは、左車線にはズラーッとクルマが
並び、微動だにしない半面、右車線は
ガラすき・・・。


それがいいか悪いか、ルールを守るか
守らないかという論点はナシにして、
どちらの車線も同じぐらいに走行する
クルマがあるからこそ、クルマがハケる
わけです。


これは高速道路も同様で、どのクルマも
一番左の車線(走行車線)を走行し、
右の車線(追い越し車線)は追い越しの
時だけ使用するという決まりがあります。

私の場合、一般道はともあれ高速道路の
場合は追い越しをするとき以外では左の
車線に戻るようにしています。

けっこうマメに左車線に戻るので、逆に
『みだりな進路変更』にならないか
心配ですが・・。



片側3車線以上の多車線道路では、
以下のように規定されています。

3車線以上の道路で走行する時は、最も
右の車線を空けておき、それ以外の車線
を速度の遅い順に左側から走行します。

ですので、最も右の車線さえ空けてさえ
いればどの車線を走行しても良い、と
いうのは大間違いです。

遅い速度順に左側を走行する必要があり
ます(本当は)。


もしそのルール通りに遅い順から左の
車線を走行していれば、かなり安全度が
高いのですが、このルールも理想論に
近いです。

なぜなら、その道路のなかで一番遅い
車両から左側に秩序良く走行すること
は、至難の技だからです。

それは、自分のクルマがその交通状況の
中で早い部類なのか遅い部類なのかが
自分では分かりにくいからです。

よっぽど極端に速いか遅いかでなければ、
どっちもありうるのです。

例えば私の場合、遅い部類であることは
間違いないとは思いますが、時と場合に
よってはその集団の中で速いときも
あります。


誰かが(それが神様でも、大いなるもの
でも)その道路の上空から全体を見て、
走行する車線を振り分けてくれるのなら、
それも可能なのですが・・。


3車線以上の道路で多いのが、遅い
クルマが右側の車線に居座って、先を
急ぐような速いクルマが左側からそれを
追い越すというパターン。

このような多車線道路の場合、左端と
右端を除いた中央の車線が込み合う傾向
にあります。

それは、ずっと直進したいクルマなら
進路変更をする必要のない中央の車線が
走りやすいから。

また、運転に対して消極的な考えという
か、積極的に車線を移りたくないという
傾向にある運転者なら、中央付近の車線
をのんべんだらりと走りたいわけです。



現実は、片側2車線であれ3車線以上の
多車線道路であれ、好きな車線を自由に
走行できます。

ただし、高速道路でずっと追い越し車線
を走行したクルマが覆面パトカーに
捕まったという話を耳にしたことがある
ので、ご注意を。


この先に左に曲がる予定の場合は左側の
方を走行すればいいでしょうし、その
反対もまた然り。

人間には様々な欲望があります。

クルマを運転している時に出てくるのは、
他のクルマよりも先に行きたい
(到達したい)という人間の生存本能に
近い欲求があります。

私自身を鑑みると、車線が多い道路で
欲をかいて前のクルマよりも先に行こう
と車線を移ると、往々にしてドツボに
はまったりしています。

例えば、車線を移ったとたんその車線が
混み出したり、前のクルマが左折や右折で
停止したり・・。

それを嫌って、右や左へクルマの間を
縫うように前に行くこと(みだりな
進路変更)をすることも、大変疲れます。

また、少しでも他のクルマに前に
行かれればストレスになり、運転が嫌に
なってしまうでしょう。


ですので、無用な進路変更を繰り返さず
済むように、先急ぎ本能をあまり
感じないように自分を躾けましょう。

車線を移った時の成功率(その後に
スムーズに前に進める率)は3割でOK
です。





今週のレッスンはここまで。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[今週の実践]

片側2車線以上の道路で走行する時、
他のクルマよりも先に行きたい欲求に
溺れてしまわないように自分を躾ける。

もちろん、あまりにも動かない車線で
あれば、そこから移動してもOK。

ゆるくいきましょう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━



それでは、また来週(^0^)/


コメントやメッセージがある読者の方は
こちらをクリックしていただき、
メッセージフォームにてどうぞ。
→ [http://clap.mag2.com/friaslioua

[このメールマガジンは佐々木隆児が
個人で行なっているもので、発信して
いる内容は佐々木隆児一個人の考え
であり、勤めている会社・グループの
考えではありません。]

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
3、編集後記


先日、マイカーのスタッドレスタイヤを
サマータイヤに交換しました。

思い返せば数年前、スタッドレスタイヤ
を外す作業をしていたら、だんだん腰の
調子がおかしくなり、その次の日から
ギックリ腰に近い症状が出てしまった
のでした。

しかし、今回はまったくそんなことは
起こりませんでした。

その理由は2つあって、1つは腰に
負担を掛けないような作業スタイル
(中腰ではなく地べたに座り込む形)と
毎日昼休みにやっている腰痛体操。

この腰痛体操とは、仰向けに寝転んで
片膝(両ひざでも可)を両手で抱えた
ポーズをキープすることです。

これをやるようになってから、腰が
おかしくなる感じが出ていません。

腰痛の方は、ぜひ。



佐々木隆児オススメ、森慶太さんの
メールマガジン・モータージャーナル
http://motorjournal.jp/


佐々木隆児一押し、
もうすぐブレイクする予定の
神戸のロックバンドグループ
【Anny】(アニー)。
Anny official Site→http://anny2008.com/


それでは、また来週。


最後までお読みくださって、
ありがとうございました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
*発行人:佐々木 隆児

◆Facebook
http://www.facebook.com/home.php#!/profile.php?id=100001021454387

◆Twitter
https://twitter.com/rysasa
 
*ご意見・ご感想は→ rysasa@yahoo.co.jp
(※必ずお返事を差し上げています)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(c)2008-2015 Ryuji Sasaki
All Rights Reserved.
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  FAQ・ヘルプ | 利用規約 | メルマガ発行規約 | 広告掲載規約 | 個人情報保護方針 | 会社概要  
Copyright(C) 2002-2010 INFOCART,INC. ALL RIGHTS RESERVED.
インフォカート |  無料情報ドットコム