ログイン | トップ

 運転が好きになる成長のメールマガジン  マガジンID:07342
現役教習指導員が日々の教習や運転中に学んだこと・気付いたことを分かりやすくレッスンし、アナタの運転のお役に立ててもらうためのメールマガジンです。雨の日も風の日も週一で発行していきます。

最終発行日:2015年7月19日 総発行回数:103回
登録日:2013年9月25日 読者数:12
発行周期:週間(日曜朝9時) 登録料:無料
バックナンバー:全て公開 発行者のホームページ

 個人情報の取扱いについてをご確認の上、メールアドレスを入力して購読してください。
  
  

バックナンバー

 339 ○○○○は、ドライバーの恥じゃない
  発行日時:2015年4月26日 マガジンNo.07342
☆☆☆━━━━━━━━━━━━━━━
運転が好きになる成長のメールマガジン
【vol.339】 2015.4.26発行 
━━━━━━━━━━━━━━━☆☆☆
 <もくじ>
1、はじめに
2、メインコンテンツ
3、編集後記

□□□□□□□□□□□□□□□□□

1、はじめに

~今日のテーマ~
【○○○○は、ドライバーの恥じゃない】



【運転】メールマガジンの読者の
みなさま、おはようございます。


前号は、進路変更ができるかどうかの
見極め方についての内容をお送り
しました。

初心者にとって、後方から接近している
クルマがあるときに車線を移れるか
どうかの判断は難しいことの一つです。

それを解決するヒントとして、後方の
車両の距離と速度とつかむこと、
合図を出して後続車の様子を見ること
をお勧めしました。

今週号は、昔からまことしやかに語り
継がれている(?)「ドライバーの恥」
について、お送りします。

ドライバーの恥に認定されている行為は
2つあります。

アナタはそれが何か、お分かりに
なりますか?

■■■■■■■■■■■■■■■■■

2、メインコンテンツ


【○○○○は、ドライバーの恥じゃない】



昔から言われている格言に近いもので、
【○○欠と○○○○はドライバーの恥】
という言葉があります。

一つ目の○○欠は分かりますよね、
そう、【ガス欠】です。

ガス欠は、恥というよりもヤバイです。

というのも、ガス欠になる場所は
ドライバーが選べないからガス欠な
わけです。

そこが大混雑の交差点だったとしたら、
大勢の歩行者が渡る横断歩道の上だった
としたら、高速道路の本線車道だったと
したら・・・・。

恥(恥ずかしい)というよりも恐ろしく
てゾッとします・・。


そこまで給油をせずに引っ張った
自分自身を悔やむと思います。

その理由として考えられることは、
「まだ大丈夫(走れる)だろう」or
「給油するのは面倒くさい」or
「今は給油する時間がない」or
「ガソリンを入れるお金がない」
etc・・・。

幸い私の場合、クルマ(四輪)では
その経験はありませんが、原付を
乗っていた大学1年のときに原付で
ガス欠をしてしまったことがあります。

そのときは、燃料計がE(エンプティ)
になっていたのに「まだいけるやろ」
と思って給油を怠ったからです。

その後、重い原付を押しながら、後悔を
引きずりながら、ガソリンスタンドに
たどり着いた苦い記憶が蘇ります。



もう一つのドライバーの恥と言われて
いるものは、【エンスト】です。

エンストってご存知ですか?

正確には【エンジンストップ】の略では
なく、【エンジンストール】の略です。

これは、MT車でクラッチやギアのミス
により、エンジンが停止してしまうこと
を言います。

結局エンジンが止まってしまうことです
ので、【エンジンストップ】と覚えて
いても全く問題ありませんが(笑)。


今のAT車全盛の時代、そのエンストを
経験する機会がありませんよね。

もしAT車でそれが起こるのなら、
それが古いクルマであればエンジンの
故障・不調が考えられますが、最近の
クルマであればアイドリングストップ
機能によるものです。

アイドリングストップ機能とは、燃料の
消費を抑えるために、クルマが停止した
際、エンジン回転をゼロにして燃料消費
を抑えるためのもの。

最近の新型車にとっては、自動ブレーキ
機能とともに花形オプションとして
君臨しています。



さて、本当の(MT車の)エンストに
ついて考えてみましょう。

私の場合、初めてのマイカーとその2台
(2代)後のマイカーがMT車でした。

自慢じゃないですけど(自慢にも
なりませんが)、エンストした回数は
数え切れません。

そのおかげか、エンストした瞬間に
すぐにキーをひねってセルモーターで
エンジンスタートする技術が身に
つきました。

トラックなどに多いディーゼルエンジン
車の場合、トルク(エンジンの回す力)
が強大なので、少々クラッチのつなぎ方
が悪くてもエンストしません(なかなか
エンストできません)。

それに比較して、ガソリン車の場合は
エンストをしやすいと言えます。

一般的に排気量が小さいエンジンほど
トルクが少ないため、エンストの可能性
が高くなります。


マイカーがMT車の人で『エンストを
したことがない』なんていうドライバー
を見たことがありません。

『俺は今までエンストしたことがない』
と言う人は、『俺は今までオナラを
したことがない』と言うぐらい嘘っぽい
です。

教習生時代は当然のことながら、
免許取得後もMT車に乗るのであれば、
エンストは避けては通れないもの。

ほとんどのドライバーがAT車を選ぶ
この時代、あえてMT車に乗っている
なら、その時点で賞賛に値します。

むしろ、エンストするってことはMT車
に乗っている証でもあるので、誇りに
思ってください。



私が教習中の場合、教習生も見ている
ことですしMT車でエンストをしない
ように細心の注意を払って操作して
います。

クラッチに気をつけるとともに、
アクセルを少し踏みこんでエンストを
阻止することに努めています。


しかし・・・。

先日、教習中にMTの教習車をガレージ
からバックで出すときに、やってしまい
ました。

エンストです。

その時の心理状態は、油断していたと
しか言いようがありません・・・。

すぐに(サラッと)エンジンを掛けた
のですが、『うわ、エンストした
恥ずかしい・・・』と言ってしまった
ので、教習生にバレました。

この時の恥ずかしさと気まずさは、
まさにオナラ。

人の前でオナラが出てしまったのと
似たような恥ずかしさを覚えました。



エンストが【ドライバーの恥】という
位置づけだった昔の時代は、MT車が
主流の頃。


しかし、今の時代のエンストは
【ドライバーの勲章】と言えるかも
しれません。

なぜ勲章かって?

それは、AT車全盛のこの時代にあえて
MT車を選んで運転している点です。

トラックでさえAT化が進んでいる今、
MT車を操っているドライバーは
カッコイイと思います。


・・・。

と、自分のエンストを正当化している感
は否めませんが(笑)、仕事中に
エンストをするのはプロの仕事とは
言えません。

アイドルだってオナラをするけど、
人前ではしないのがマナー(アイドル
じゃなくても)ですよね。


これを、<弘法も筆の誤り>
<猿も木から落ちる>
<河童の川流れ>と、
プラスに捉えつつ、これからはエンスト
をしないように気をつけます。

川で溺れまくる河童は、もはや河童とは
呼んでもらえないですよね。





今週のレッスンはここまで。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[今週の実践]

MT車に乗る機会があれば、乗ってみる。

もしエンストをしたら、その場ですぐに
エンジンON!

エンスト上等!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━



それでは、また来週(^0^)/


コメントやメッセージがある読者の方は
こちらをクリックしていただき、
メッセージフォームにてどうぞ。
→ [http://clap.mag2.com/friaslioua

[このメールマガジンは佐々木隆児が
個人で行なっているもので、発信して
いる内容は佐々木隆児一個人の考え
であり、勤めている会社・グループの
考えではありません。]

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
3、編集後記


先週、小学4年生になる娘の授業参観会
に行ってきました。

授業では、昔ながらの『起立!』
『気をつけ!』『礼!』『着席!』と
いうあいさつがなくなっていました。

これも時代の流れなのかもしれませんが、
授業と休み時間とのケジメをつける意味
で、古き良き一つの習慣だったのでは
ないでしょうか。

そう感じるのが【昭和】の人間なの
ですね(笑)。



佐々木隆児オススメ、森慶太さんの
メールマガジン・モータージャーナル
http://motorjournal.jp/


佐々木隆児一押し、
もうすぐブレイクする予定の
神戸のロックバンドグループ
【Anny】(アニー)。
Anny official Site→http://anny2008.com/


それでは、また来週。


最後までお読みくださって、
ありがとうございました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
*発行人:佐々木 隆児

◆Facebook
http://www.facebook.com/home.php#!/profile.php?id=100001021454387

◆Twitter
https://twitter.com/rysasa
 
*ご意見・ご感想は→ rysasa@yahoo.co.jp
(※必ずお返事を差し上げています)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(c)2008-2015 Ryuji Sasaki
All Rights Reserved.
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  FAQ・ヘルプ | 利用規約 | メルマガ発行規約 | 広告掲載規約 | 個人情報保護方針 | 会社概要  
Copyright(C) 2002-2010 INFOCART,INC. ALL RIGHTS RESERVED.
インフォカート |  無料情報ドットコム