ログイン | トップ

 運転が好きになる成長のメールマガジン  マガジンID:07342
現役教習指導員が日々の教習や運転中に学んだこと・気付いたことを分かりやすくレッスンし、アナタの運転のお役に立ててもらうためのメールマガジンです。雨の日も風の日も週一で発行していきます。

最終発行日:2015年7月19日 総発行回数:103回
登録日:2013年9月25日 読者数:12
発行周期:週間(日曜朝9時) 登録料:無料
バックナンバー:全て公開 発行者のホームページ

 個人情報の取扱いについてをご確認の上、メールアドレスを入力して購読してください。
  
  

バックナンバー

 341 世界から尊敬される日本人の運転
  発行日時:2015年5月10日 マガジンNo.07342
☆☆☆━━━━━━━━━━━━━━━
運転が好きになる成長のメールマガジン
【vol.341】 2015.5.10発行 
━━━━━━━━━━━━━━━☆☆☆
 <もくじ>
1、はじめに
2、メインコンテンツ
3、編集後記

□□□□□□□□□□□□□□□□□

1、はじめに

~今日のテーマ~
【世界から尊敬される日本人の運転】



【運転】メールマガジンの読者の
みなさま、おはようございます。


前号は、進路変更時などの安全確認の
型についての内容をお送りしました。

基本的な型として、
【ミラー・合図・目視・寄せる】という
ことでした。

これをゆっくり目に行うことで、
法令通りの合図を出してから3秒後に
進路変更を行えることになるのです。


今週号は、日本人のクルマの運転に
ついての内容です。

アナタは、日本人は運転が上手いと
思いますか?

■■■■■■■■■■■■■■■■■

2、メインコンテンツ


【世界から尊敬される日本人の運転】



世界の人々から見ると、日本人の運転は
かなり上手いそうです。

もちろん、人によるとは思うのですが。


特に何が上手なのかと言うと、
狭い道での取り回しや駐車(バック)の
技術らしいです。

確かに、他の国で現地の人の運転を
見ると、雑というか適当というか・・。

運転姿勢からして、だらけています。


日本で当たり前のように運転していると、
自分や周囲のみんなが上手とは
思えませんが、狭い駐車場でもクルマが
整然と並んでいる光景を見ると、
そうなのかなと思えてきます。



日本人の運転が上手な3つの理由↓↓↓


(1)日本の国土の狭さ


狭い日本と言われますが、正確に言うと
狭いのは日本の【道】や【駐車場】です。

そのおかげで、嫌でも運転技能が向上
します。

例えば、広大な大地の国では、バックで
クルマを停めることは皆無だそうです。

日本人は、後で駐車場から出やすく
するために先に苦労(バック)しておく
という考え方が主流です。

しかも、多くのクルマが駐車場の枠に
対して均等にまっすぐに停めようとして
います。

狭い駐車エリアゆえのことです。


しかし、その他の多くの国では、駐車場
だろうが道路だろうが、とにかく頭から
突っ込んで停めて、そこから出る時に
必要なら初めてバックをするわけです。

そのような国の場合、バックでクルマの
向きを正確に微調整する発想がないため、
当然バックで駐車する技能が身につく
はずもありませんよね。



(2)日本人の国民性


日本人は真面目で勤勉な国民性と
言われます。

だから運転が上手である、なんて乱暴な
結論付けはしません。


ですが、日本人の特徴として、
【みんなと同じが安心志向】【KY志向】
があります。

上の(1)に挙げたように、駐車場に
おいてはバックで線に対してまっすぐに
停めるクルマがほとんどです。

たまにヤ○車などがデーンと駐車場の
枠を無視して斜めに停めている場面を
見ますが、そんな迷惑なクルマは少数派
です。

周囲からヒンシュクの視線を感じない、
我が道を行くタイプの人ですね。

ほとんどの人が、周りのクルマに
合わせて整然と停めようと努めています。

例え見ず知らずの人に対してであれ、
迷惑をかけてはいけないという道徳観を
持ち合わせているのが日本人。



(3)自動車教習所制度


ちょっと手前味噌っぽいことを言います
が、日本の自動車教習所制度のような
キメ細かい指導は世界中どこを探しても
ありません。

以前免許を持っていたような元から
運転ができる人や、勉強をしなくても
法令の知識がガッツリと頭に入っている
人にとっては、教習時間が過多なところは
否めません。

いくら元免許持ちの人でも、教習時間を
短くして卒業するなんて芸当は不可能
(もしそれをすれば、不正に免許を
取得したことになってしまいます)。

免許取得費用は他の国よりも高額ですが、
ここまで指導してくれるしくみがある
国はなかなかありません。

他の多くの国では、まず自宅のクルマで
父親に同乗してもらいながら運転を習い、
その後運転技能試験を受けて免許を
取得するという形です。


初めてクルマに乗る時に、父親から
運転を習うって、なんか想像できません。

父親の我流の運転や考え方が
100%インストールされてしまいます。

オラオラ系オヤジの場合、
『行かんかい!コラァ!!』
『このダボ割り込んできやがって!』
などと罵りながらの運転が身に
ついてしまいそうですね。


そこまで悪影響を与える親はそんなに
いないにしても、教え方のスキルや
道路交通法の理解が十分にできている
という父親が果たしてどのくらい存在
するのか。

運転技能はまだいいとして、毎年の
ように改正される道路交通法を
しっかりと把握するのは教習指導員でも
なければ皆無だと思います。


専門職である教習指導員に同乗指導を
受けた後、2回の学科試験と2回の
技能試験(検定)をクリアして、
ようやく免許をGETできるのです。

このように運転免許に対しての指導が
手厚い国は、世界中を見渡しても
日本だけではないでしょうか(もし、
この国も指導が手厚いよ~という情報を
お持ちの方は、ぜひ教えてください)。


イギリスが世界に誇る、
ホグワーツ魔法魔術学校(ハリーポッター)。

日本が世界に誇る、指定自動車学校制度。



以上の3つの理由により、日本人の運転は
上手いと言えるし、どこに行っても
恥ずかしくないマナーを持っています。



ただ・・・。


日本の中で、この場所は最悪なので
見ないでくれ~という場所が何か所か
あります。

その場所の一つが、京都。

京都は、外国人観光客がとても多い
ところですが、クルマのマナーは最悪
です。

特に、祇園をはじめとする鴨川周辺や
円山公園周辺の歩行者とクルマの大混雑
により、運転マナーは壊滅状態です。

タクシーがクラクションを鳴らしながら
歩行者を蹴散らす風景は、圧巻というか
あっけに取られてしまいます。

数多くの外国人に恥をさらしています。



東北の大震災のときの日本人の行儀の
良さは、世界中から称賛を浴びました。

うがった見方かもしれませんが、
東北の方々だからこそ大人しくできて
いたのではないかと思うところも
あります。


私は阪神大震災の揺れとその後の余震、
その影響によるとライフラインの断絶を
体験しました。

あの時の道路の無法状態、交通の
バーリトゥード(何でもあり)は、
酷かったです・・・。

私は東南アジアに行ったことは
ありませんが、東南アジアの混沌とした
(というよりメチャクチャな)交通を
体験しているかのようでした。



以上のことを考えると、日本人は
基本的に運転が上手くてマナーも
いいのですが、ごく稀に起こる大混雑時
などでは元来マナーがいい人でもそれが
崩壊してしまうことも。

そんな場面では、我先にクルマを
突っ込むという光景が広がります。

それでも諸外国に比べれば、
カワイイものだと言えるでしょう。





今週のレッスンはここまで。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[今週の実践]

日本人らしく、駐車場ではバックで後退、
しかも線に対して左右は均等、ボディと
線は平行(まっすぐ)に。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━



それでは、また来週(^0^)/


コメントやメッセージがある読者の方は
こちらをクリックしていただき、
メッセージフォームにてどうぞ。
→ [http://clap.mag2.com/friaslioua

[このメールマガジンは佐々木隆児が
個人で行なっているもので、発信して
いる内容は佐々木隆児一個人の考え
であり、勤めている会社・グループの
考えではありません。]

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
3、編集後記


USJにハリーポッターのエリアが
新設され、そこで売っているおみやげの
『百味グミ』というものをいただきました。

このグミの味はその名の通り色々あって、
普通のレモン味のようなものもあれば、
強烈な味もあって楽しませてくれます。


土(つち)味は、本当に土を噛んだ時の
味がジュワッとしますし、ミミズ味は
強烈なミミズエキスのようなものが
口いっぱいに広がります。

ミミズを食べたことはありませんが、
おそらくこういう味がするんだろうなと
思わせてくれる素晴らしい味(笑)。


まだ食してないのですが、【腐った卵味】
もあれば、【ゲ○味】や【鼻○ソ味】
なるものもあります。

楽しみです・・・。



佐々木隆児オススメ、森慶太さんの
メールマガジン・モータージャーナル
http://motorjournal.jp/


佐々木隆児一押し、
もうすぐブレイクする予定の
神戸のロックバンドグループ
【Anny】(アニー)。
Anny official Site→http://anny2008.com/


それでは、また来週。


最後までお読みくださって、
ありがとうございました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
*発行人:佐々木 隆児

◆Facebook
http://www.facebook.com/home.php#!/profile.php?id=100001021454387

◆Twitter
https://twitter.com/rysasa
 
*ご意見・ご感想は→ rysasa@yahoo.co.jp
(※必ずお返事を差し上げています)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(c)2008-2015 Ryuji Sasaki
All Rights Reserved.
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  FAQ・ヘルプ | 利用規約 | メルマガ発行規約 | 広告掲載規約 | 個人情報保護方針 | 会社概要  
Copyright(C) 2002-2010 INFOCART,INC. ALL RIGHTS RESERVED.
インフォカート |  無料情報ドットコム