ログイン | トップ

 愛ある家族になりましょう〜♪  マガジンID:07390
夫からの暴言・暴力。 夫の不倫。家庭内別居。或いは、完全別居をしている。 もう、離婚しかないのかと悩んでいる妻へ。もう一度、幸せを取り戻す為のヒントを書き綴っています。苦しみからの脱出を応援します。

最終発行日:2017年9月18日 総発行回数:110回
登録日:2013年10月16日 読者数:2753
発行周期:不定期 登録料:無料
バックナンバー:全て公開 発行者のホームページ

 個人情報の取扱いについてをご確認の上、メールアドレスを入力して購読してください。
  
  

バックナンバー

 『愛ある家族になりましょう♪ vol.6』 賢者の贈り物
  発行日時:2013年11月12日 マガジンNo.07390
こんにちは。芙蓉です。


11月も早半ば。
街にはもうクリスマスツリーが飾られています^^
早いですね・・・。

11月11日のブログで、オー・ヘンリー作の『賢者の贈り物』について書いたところ、
大きな反響がありました。
夫婦愛を描いた名作中の名作ですものね。
クリスマスも近づいていることもあり、皆さん思うところがあったようです。

この『賢者の贈り物』という作品、有名なだけあっていろいろな解釈があるんですよ。



一般的な解釈は、オーソドックスなキリスト教的な解釈。

賢者というのは、聖書の中に出てくる「東方の三賢者」から由来しています。
今から2013年前のクリスマスの夜、占星術の研究をしていた三人の博士が
星に導かれて、生まれたばかりのイエス・キリストのところにやってきます。

乳香、没薬、黄金。
それぞれが当時最も高価だとされた三つの贈り物を携えて。

まだ赤ん坊だったイエス様には不相応な贈り物のように見えましたが、
イエス・キリストは世界の救い主になるお方。
そんなイエスさまが、貧しい大工のヨセフとマリアの元で成長するには
その立派過ぎた贈り物が、のちのち必要だったのです。

神様は、ちゃんとそこまで計算に入れて三賢者を遣わされたというワケ。


『賢者の贈り物』の物語の中でも、夫婦の間で贈り合った高価な櫛と金の鎖は、
貧しい二人には身分不相応のように見え、
今は使い物にならなくても、後になって二倍三倍の喜びに繋がります。

物語の最後に、夫のジムは妻のデラにこう言います。
「お互いのクリスマスの贈り物は、暫く引出しにしまっておこうじゃないか。
時がたてば、君の髪はまた伸びる。
そして僕はこれから懸命に働いて、金の鎖に相応しい時計を取り戻すことが出来るから」

・・・結局、お互いの贈り物は無駄にはならないんですね^^

それだけではなく、
髪が伸びてまた時計を取り戻すという未来までずっと一緒にいる、という愛の約束。
更に、自分の一番大切なものを手放してまでも相手を喜ばせたい愛があることを
二人は確認し合えたワケです。

今すぐ役に立つ適当なものを贈り合うより、100倍愛を深めちゃいましたね^^




一方、
こんな悲劇が現実にありました。



数年前の大阪で、42歳の旦那さんが500万円の借金を苦に
妻子3人を殺害し、無理心中を図ったという事件。

あとから、容疑者宅には2000万円の預金があったということが
警察の調べでわかったそうです。

この殺された奥さん、保育士さんだったらしいのですが、
自分は切り詰めに切り詰めて働いて
「子供たちを大学に進学させてやりたい」
と頑張っていたそうなんです。(←周りの証言)
それで、旦那に内緒で2000万円もヘソクリしていたんですね(^_^;)

一方、調理師の旦那さんも子供の学費の為に頑張っていた。
働いているだけでは足りないと株式投資に手を出し、結果失敗。
それで500万円の借金。
そのことを奥さんに言えなくて、無理心中と言うところまで追い詰められてしまった
・・・という事件です。

奥さんが貯金のことを旦那さんに言っていれば、少なくても無理心中にはなっていないですよね。

また、旦那さんが「借金が出来てしまった」と奥さんに打ち明けられていたら
奥さんは怒るかもしれないけれど
「もう、しゃーないなー。子供の学費にと思ってためとるから、ここから借金返し!」
ってことになったかも知れません。

この夫婦がどうしてお互い何も言わなかったのか?本当のところはわかりません。

お互い、心配をかけたくなかったのか?
それとも、全く信頼していなかったのか?

少なくてもわかっているのは、夫も妻も「子供の為」だったのです。
二人の間にいる子供の将来の為にお金を工面しようという点では一致していた。

それなのに、その一番大切な子供を殺してしまったという結末です。


当時この事件を「賢者の贈り物・失敗版」といった見方があったそうです。



この事件、他人事ではないなーというのが率直な私の感想です。


夫婦問題に直面したことがない人から見たら、
「バッカじゃないの?」
と思うかも知れません。

普段からそんな話も出来ないなんて、この夫婦は終わっている。
どうせ子供で辛うじて繋がっているだけの、愛も信頼もない夫婦なんでしょ?

そんな声も聴こえて来そうです。


だけどこの夫婦、ちっとも特別じゃないと思うんです。

奥さんが旦那さんに黙って貯金しているなんて、そんなに珍しいことじゃないですよね?
旦那さんを信頼していても、内緒で貯金している人、いっぱいいると思います。

旦那さんだって、株式投資して失敗する人はいっぱいいる。
借金する人だっていっぱいいる。
それを奥さんになかなか言い出せない気持ちは、普通のことだと思うんです。

ただ違っていたのは、旦那さんの思考が一家無理心中という方向に行ってしまったことです。
マックスを通り越したストレスが、そういう非日常な行動に走らせたということ。



夫婦問題に行き詰まった方々のお話を聴いたり、
自分たち夫婦の抱えた問題を振り返ってみて・・・

「旦那さんって、孤独だな」
って思います(^_^;)

妻の為に、子供に為に、家族を守る為に・・・本当に一生懸命に頑張ろうとしているのです。
少なくても最初は(笑)

それがなかなかうまく行かなくて、認められなかったり、失敗したりして
「もう、ダメだ・・・」
と思ってしまう瞬間が訪れる。

そういう時の男性って、世界で一番惨めで孤独なんじゃないかな?

それでとる行動が、浮気や風俗通い?
離婚宣言や、酒飲んで奥さんを殴る?


一家心中に走ってしまった大阪の調理師の旦那さんも、
私たちの夫と紙一重。
同じような心理状況に追い込まれていたのではないか?・・・と思います。




話を『賢者の贈り物』に戻しますね。


夫婦の間に起こる出来事、そして問題。
それは、すべてが愛から来ていると信じてしまってもいいんじゃないでしょうか?

たとえそれが無駄に見えても、役に立たなくても、
裏切りに見えても、失敗であっても、へんてこりんでも^^

その根っこは愛に繋がっていると思ってしまっていいんじゃないかな?
と思うのです。


旦那様が浮気をした。借金をした。嘘をついた。離婚と言った。

その事実だけを見ないで、その大元を辿ってみてください。
あなたへの愛、家族への愛が破れて、自暴自棄から来てはいませんか?
どうか、その大元にあった愛に今、感謝して欲しいのです。


でも、今が苦しい。
浮気をされて、暴言を吐かれて、苦労させられて、今の状況が耐えられない。
そう感じておられるでしょうか?

だったら、こう受け止めてみたらどうでしょうか?
この経験は、『賢者の贈り物』です。

今は、私には相応しくない、とても耐えきれない苦しみだと受け取りきれなくても
とりあえず受け取ってみませんか?

すべては愛から来ていることを信じて下さい。



あとから二倍・三倍の喜びになって
「あの経験はこの喜びを知る為だったのか」
と思う時が、必ずくるのです。




★11月21日の「内面の幸福感」講座
お申込みは今週いっぱい受け付けています。

新宿・喫茶室ルノアール 新宿3丁目ビックスビル
貸し会議室6号室

10時~13時   会費8500円

申し込みはこちら↓

https://ssl.form-mailer.jp/fms/e4e5badf272407



★メルマガのご感想と個人カウンセリングのお問い合わせはこちらから

natsu6me731pp@yahoo.co.jp

(11/26午後の枠キャンセル出ました。個人カウンセリング希望の方メール下さい)
個人カウンセリングは吉祥寺の静かなカフェで行います。

★12月10日「夜の愛され妻講座」
芙蓉宅にて。会費5000円。
クリスマスランチ付き。
ゲスト・セクシャリティーカウンセラーmoonさん

お申し込みは11/15(金)20時配信メルマガより。
人数オーバーの場合は厳正に抽選いたします^^

  FAQ・ヘルプ | 利用規約 | メルマガ発行規約 | 広告掲載規約 | 個人情報保護方針 | 会社概要  
Copyright(C) 2002-2010 INFOCART,INC. ALL RIGHTS RESERVED.
インフォカート |  無料情報ドットコム