ログイン | トップ

 愛ある家族になりましょう〜♪  マガジンID:07390
夫からの暴言・暴力。 夫の不倫。家庭内別居。或いは、完全別居をしている。 もう、離婚しかないのかと悩んでいる妻へ。もう一度、幸せを取り戻す為のヒントを書き綴っています。苦しみからの脱出を応援します。

最終発行日:2017年9月18日 総発行回数:110回
登録日:2013年10月16日 読者数:2753
発行周期:不定期 登録料:無料
バックナンバー:全て公開 発行者のホームページ

 個人情報の取扱いについてをご確認の上、メールアドレスを入力して購読してください。
  
  

バックナンバー

 『愛ある家族になりましょう♪ vol.10 』 ストーカー殺人?
  発行日時:2013年12月6日 マガジンNo.07390
こんにちは。芙蓉です。

先日珍しく朝のワイドショー番組を観ていました。
普段はあまりワイドショーは観ません。
情報のエネルギーが悪すぎるからです。
芸能人の不倫や離婚、政治家の汚職、北朝鮮の政治問題など・・・
本当なのか偏見なのかわかりませんが、いいエネルギーを感じる話題がほとんどありません。

でもたまにはわかっていても観てしまうことがあるんです^^


先日私が思わず観てしまったのは「ストーカー殺人事件」
20代前半の女性が、元交際相手にストーカーされて殺されてしまったというものでした。

この手の事件は、一向に減る気配がありません。
被害者はストーカーをされている時点で警察に相談に行っているのですが、
なかなか警察も難しいのだと思います。
四六時中見張っているわけにも行かないでしょうし、限界があるのはわかります。

それでもいざ殺人事件が起こってしまったら「警察は何をやっていたんだ?」ということになる。
いったいどうしたら、この手の事件を減らすことが出来るのか?
まだ、これといった解決策が見つかっていないのが現状なんですね・・・。



司会のテリー伊藤が面白いことを言っていました。
「この被害者の女性も悪いよ。
 男と付き合ってうまく行かなくなったからと言って、すぐに他の男に相談をする。
 そして今度はその男と付き合うって、前の男を簡単に切ってしまう。
 そんなやり方ってないだろう?
  
 もっとさ、親が子供に異性との付き合い方とか教えるとかさ、
 そうしないとダメなんじゃないかと思うワケ。

 男としたら、こんなこと女にされたらたまんないってことだってあるよ。
 そういうことをさ、もっと教えた方がいいんじゃないの?」


 被害者を非難するような発言に、相方の司会者はフォローするのが大変そうでしたけれど、
私はテリー伊藤のコメントは一理あると思いました。



ストーカー殺人をしちゃうような男性って、どんな男性なんでしょう?
きっと自分の気持ちを上手に伝えたり、コントロールすることが苦手な人なんだろうな、
ということはわかりますよね。

もともとそこまでひどい人間だったか?と言えば、実はそうでもないのかも知れないのでは?

恋は人間を狂わせます。
気持ちがコントロール出来なくなるのが恋というものです。

好きで好きでたまらない人から、ポイ捨てされて
相手はすぐに他の男と付き合いだしたとしたら、苦しい気持ちになるのはよくわかります。
怒りが込み上げるのもわかります。
ただ、殺すところまで行くか?・・・



もし私が夫とのDV問題を経験していなかったとしたら、

「ストーカー殺人」なんて対岸の火事。
ストーカーをする男性の気持ちなんて考えることもなかったでしょう。

殺人犯なんて、一方的に悪いに決まっている。
何とかその極悪非道な犯人から、被害者を守ってよ!警察!

何の疑問もなくそう思っていたんじゃないかな?



でも、今の私は犯人の男心が何となくわかってしまうのです^^


じゃあ、被害者女性が悪かったのか?

そういう訳でもない。

女性は単に心変わりをしただけかも知れないし、しつこくされたら怖くなる。
拒否して逃げたくなる気持ちになるのもよくわかります。


では、どうしたら良かったのでしょうか?
どうしたら最悪の事態を防げたのでしょうか?




この悲劇は、この恋愛がお互いの気持ちを大切にしていないことから起こっているんですね。


もう少し、もう少しだけでもどちらかが相手の気持ちを丁寧に扱っていたら、
多少傷つくことはあっても、殺人までには行かなかった。
そう思います。

男性は、怖がっている女性の気持ちを理解して、一歩を引くことは出来なかったのか?

女性は、男性の諦められない気持ちを一旦聴くだけでも聴いて、
ゆっくりと丁寧に「もう無理だ」ということを伝えられなかったのか?・・・




自分が思っている気持ちとは正反対の結論を、相手が持っている場合があります。

自分が別れたいのに、相手は別れたくない場合。
または自分は別れたくないのに、相手は別れたい場合。


強引に自分の気持ちを押し通すことしか選択肢にないと、どんどん泥仕合に発展してしまいます。


だからと言って、相手にすべて合わせて自分の気持ちを犠牲にするというのも違う。



別れは、本当にデリケートなことなのです。
自分の気持ちに素直に、本当は自分はどうしたいのか?を整理することがまず大切☆

自分の気持ちに確信が持てたら、今度は誠意を持って相手に向き合う。
相手がどう思っているのか?
たとえその気持ちが、自分にとって辛いものだとしても
一度は受け入れてみることが大切なんじゃないかな?と思います。


お互いにそれが出来たらベストでしょうけれど、
もしかしたら自分だけそれをしても、相手は自分の気持ちを全く大事にしてくれないということもあるでしょう。


それでもね。 良いのです^^


自分で自分の気持ちを大切にして整理をつけておけば、
どんな状況も受け取りやすくなっているから☆






ストーカー殺人の解決策。

警察の警備を強化するとか、そんな外側からのアプローチをしても問題は解決しないですよね?

だって、完全に恐れの世界の解決策ですもの。



テリー伊藤のコメントとは少し違うかも知れませんが、解決策はもっと簡単なことのように思えます。



「自分の気持ちも、相手の気持ちも大切にしよう!」


小学校の生活標語みたい^^


でも、それが出来ない大人が社会に溢れているのが現実。





周りにいる一人一人の気持ちを、あなたは大切に扱っていますか?

恐れずに、耳を傾けていますか?


そしてあなた自身の素直な気持ちを、いつも聴いてあげていますか?





★メルマガのご感想お待ちしております。
(匿名でブログに引用させて頂くことがあります。予めご了承ください)

★12月の個人カウンセリングは満席です。
 1月よりスカイプカウンセリング(90分8千円)始めます。
 希望の方は希望日時を書いてメールを下さい。


natsu6me731pp@yahoo.co.jp

  FAQ・ヘルプ | 利用規約 | メルマガ発行規約 | 広告掲載規約 | 個人情報保護方針 | 会社概要  
Copyright(C) 2002-2010 INFOCART,INC. ALL RIGHTS RESERVED.
インフォカート |  無料情報ドットコム