ログイン | トップ

 愛ある家族になりましょう〜♪  マガジンID:07390
夫からの暴言・暴力。 夫の不倫。家庭内別居。或いは、完全別居をしている。 もう、離婚しかないのかと悩んでいる妻へ。もう一度、幸せを取り戻す為のヒントを書き綴っています。苦しみからの脱出を応援します。

最終発行日:2017年10月7日 総発行回数:112回
登録日:2013年10月16日 読者数:2758
発行周期:不定期 登録料:無料
バックナンバー:全て公開 発行者のホームページ

 個人情報の取扱いについてをご確認の上、メールアドレスを入力して購読してください。
  
  

バックナンバー

 保育スタッフご応募ありがとうございました
  発行日時:2017年3月7日 マガジンNo.07390
こんにちは。芙蓉です。

日曜日にこのメルマガから、連続講座&オープンカウンセリングの時のスタッフを募集したところ、
40名ほどの方からメールの返信をいただきました。

ありがとうございました。心より御礼申し上げます。


本当に、感謝の気持ちでいっぱいなのですが、一方で少し残念と申しますか、私の本意ではないことも同時に起きてしまいました。

それは、皆さんの中に
「自分のことや問題を後回しにして、人のために何かやりたい」
という気持ちがおありになる方がたくさんいらっしゃることが分かったからです。

何度もブログやメルマガでお伝えしていますが
「まずは、自分」です。

自分を幸せにすることが一番大切で、
自分の問題を解決することが最優先事項なのです。

「自分のことは後回し」思考が、現実を停滞させているのなら、
こんなにもったいないことはないんですよ^ ^


今年に入って、新しく始めたメニュー
「メールカウンセリング」も「連続講座&オープンカウンセリング」も、
その為のことなのです。

覚悟をもって、自分と向き合う。
自分の人生を自分で幸せにする。

ただ、その場で悩みを話してアドバイスを受けて終わるのではなく、
根本的に自分の人生の問題を解決して、幸せになりませんか?

…という提案として、
連続してメールでカウンセリングしたり、
オープンカウンセリングをすることの必要性を感じました。


「自分のために生きる」という感覚がなければ、結局本当の意味で、人のためにはなれません。

自分が幸せでなければ、人に幸せにもできないし、助けることもできないのです。

もっと、自分を大切にしてほしい…というのが、私の一番伝えたいことです。


もちろん、自分に向き合うという作業は簡単なことではありませんよね。
出来ることなら、向き合いたくない…という時もあるでしょう。

自分の人生が人のせいで不幸せになっていると、
思っていた方がラク…という時もあります。

自分の問題には蓋をして、何となく遠巻きに見ていることが、心地良く感じることもあります。

でも、「自分が幸せになる」という最終目的を遂げなければ、すべてが付け焼き刃にすぎない。
必ずどこかで、向き合わなければなりません。

自分のことをおざなりにして、人のことをやっていると、
いずれ苦しい局面に直面することでしょう。

もしも、今。
にっちもさっちも行かないような窮地に立たされていると感じるのなら、
それは
「今だよ!今、向き合う時だよ!
本当に幸せになる道を歩みだしていいんだよ!」
という神さまからのメッセージなのではないでしょうか?

連続講座&オープンカウンセリングは、覚悟を持った人だからこそ出来る根本解決がゴールです。

明日、募集を開始するメールカウンセリングも、相当に深くご自分と向き合うことができるように、
私自身も全力エネルギーを傾けてやって行きます。

ご自身がまだ苦しみの中にいて、
ご自分の問題を解決されていないと思っている方。

今、人生の窮地に立っていると感じ、これからどうしたらいいのか?…わからなくなっている方は、

まず、自分のことをしてくださいね。

究極、自分を大事にするとは、自分で自分を幸せにすること以上のことはないはずです。

連続講座とオープンカウンセリングが自分に合っているか、
メールカウンセリングが自分に合っているか、

もしくは、まだ自分の中で考える時間がほしいのか…

本当に、あなたがまず、幸せになる事を、私は応援したいと思います。

あきらめないでください。
自分の人生から逃げることはできないからです。

自分が幸せになったら、あなたの子供たちも幸せ。
まるで灯火がともるように、あなたの周りが明るく照らされて
自然と幸せが広がって行くようになります。

☆明日のメルマガから、メールカウンセリングの受付をします。

☆連続講座・オープンカウンセリングの申し込みはこちらから
↓↓↓

http://fuyou-c.com/info/20170301-2/


*保育スタッフは、ご自分のことを卒業して余裕のある方に個別にお願いいたしましたので、ご報告させていただきます。

芙蓉

  FAQ・ヘルプ | 利用規約 | メルマガ発行規約 | 広告掲載規約 | 個人情報保護方針 | 会社概要  
Copyright(C) 2002-2010 INFOCART,INC. ALL RIGHTS RESERVED.
インフォカート |  無料情報ドットコム