ログイン | トップ

 愛ある家族になりましょう〜♪  マガジンID:07390
夫からの暴言・暴力。 夫の不倫。家庭内別居。或いは、完全別居をしている。 もう、離婚しかないのかと悩んでいる妻へ。もう一度、幸せを取り戻す為のヒントを書き綴っています。苦しみからの脱出を応援します。

最終発行日:2017年10月7日 総発行回数:112回
登録日:2013年10月16日 読者数:2758
発行周期:不定期 登録料:無料
バックナンバー:全て公開 発行者のホームページ

 個人情報の取扱いについてをご確認の上、メールアドレスを入力して購読してください。
  
  

バックナンバー

 愛ある家族になりましょう♪
  発行日時:2017年6月23日 マガジンNo.07390
こんにちは。芙蓉です。


先日ブログで、「怒りというのは、自分の尊厳が傷つけられたから湧くんだよ〜」
というような記事を書いたところ、
たくさんメールが届きました。

「確かに、自分の尊厳が傷つけられたと感じています」

「怒りを抱えているのは、自分が苦しい。その通りです。でも、私の自尊心を傷つけた相手を、どうしても許せない。苦しいのに、手放せないんです!」

…など、怒りを抱えているゆえに苦しい。

この怒りがいつか消える日が来るのか、不安だ…という内容のメールが多かったように思います。

そうですよね。

怒り真っ只中の時って
一生この怒りは消えることはないんじゃないか?…って思ってしまいますよね。

でも、大丈夫です。

怒りは必ず昇華できます。
本当ですよ^^


旦那さんは、そもそも妻の尊厳を傷つけてやろうと思って浮気をするわけではありません。

暴力だって、そう。

浮気は、ほんの出来心やスケベ心。(笑)

奥さんの尊厳を傷つけるなんて、
そんな大袈裟なこと、考えていないのです。

暴力を振るう旦那さんも、ただただ自分を「分かってほしい」「認めてほしい」という衝動からやっていますよね。

尊厳を傷つけようというよりも、
自分の方が尊厳を傷つけられたとさえ、感じているんです。

そう考えると、尊厳って難しいものです。

よっぽど注意して、尊厳を傷つけないようにしないと、簡単に踏みにじってしまうことにもなりかねない…

本当に大切にしなければならないもののような気がして来ます。

そもそも、自分の尊厳を大切にされた経験があまりない…という人がいらっしゃいますよね。

自分の気持ちを大切にされたことがない人。

あなたの気持ちなんか、関係ない。
この道を歩みなさい。
お母さんのいう通りにしなさい。

そんな風に育てられると、
自分の尊厳ってなんなのか、わからなったりします。

それでも、尊厳は、絶対的なもので、魂が知っています。
それに気づくために、
怒りが湧くような出来事を呼び寄せて、教えてくれているのかも知れません。

自分の気持ちを大切にする癖をつけましょう^^

私は何を感じているのか、その感覚を大切にすることが、自分を愛することにつながります。

日々カウンセリングをしていると、本当に、びっくりするくらい、
自分の愛し方、自分の大切に仕方がわからないという方がいらっしゃいます。

今度、そのことをテーマにした、ちょっとしたイベントをやろうかな?…と考えているところなんです。

題して「幸せな私に出会える♡シンデレラパーティ」

何でシンデレラなのかというと、最近娘の影響で、シンデレラの映画を観たんです」。

シンデレラって、他のプリンセスとはちょっと違うんです。

どんなに継母たちに尊厳を踏みにじられても、自分を卑下したりしない。

「私は、お城のパーティに行く資格があるわ!」と自分を信じているのです。

自分を大切にする心の強さが、結果、王子様の愛を掴みに行ってますよね^^

だから、私はシンデレラが数あるプリンセスの中で一番好き!

あなたもシンデレラのように、自分を愛せる、大切にできる自分になって、幸せを掴みに行きませんか?

そして、今回のアフタヌーンティールームも
「幸せな私に出会う」をテーマに募集したいと思います。

3ヶ月後、幸せになっている自分に出会うために。

今日、このメルマガから募集する
アフタヌーンティールーム第3期の会員様を優先的に、
「シンデレラパーティ」にお誘いしたいと思っております!


*芙蓉の会員サイト
アフタヌーンティールーム♪

詳細とお申し込みはこちらから
↓↓↓
http://afternoon-tea-room.fuyou-c.com/about

いよいよ、2017年も半分を過ぎて、後半に突入です!

また、新しい出会いに、最高のエネルギーを注ごうと思っておりますので、よろしくお願いします♪


芙蓉

  FAQ・ヘルプ | 利用規約 | メルマガ発行規約 | 広告掲載規約 | 個人情報保護方針 | 会社概要  
Copyright(C) 2002-2010 INFOCART,INC. ALL RIGHTS RESERVED.
インフォカート |  無料情報ドットコム