ログイン | トップ

 愛ある家族になりましょう〜♪  マガジンID:07390
夫からの暴言・暴力。 夫の不倫。家庭内別居。或いは、完全別居をしている。 もう、離婚しかないのかと悩んでいる妻へ。もう一度、幸せを取り戻す為のヒントを書き綴っています。苦しみからの脱出を応援します。

最終発行日:2017年12月7日 総発行回数:116回
登録日:2013年10月16日 読者数:2797
発行周期:不定期 登録料:無料
バックナンバー:全て公開 発行者のホームページ

 個人情報の取扱いについてをご確認の上、メールアドレスを入力して購読してください。
  
  

バックナンバー

 愛ある家族になりましょう♪
  発行日時:2017年7月9日 マガジンNo.07390
こんにちは。芙蓉です。

突然ですが、先日、私
参加費12万円のディナー会に行ってきたんです!

12万円のディナー会って!!
一体、どんなやねん!(@_@)

そう思いますよね?

私だって、そう思いましたよ(笑)
…でも、誘われた瞬間、「行ってみたいな」と思ってしまったんですね。

一体誰が来るのか、どんな主旨なのか?…全然わからなかったけれど、心の片隅がワクワクする感じがあったのです。
一方、お金のことを考えると、正直なところ、ドキドキバクバクでした(笑)

そのディナー会は、都内の某一流ホテルの見晴らしの良いレストランの
個室貸切。
参加者は男女合わせて、8名ほど。

たかだかディナーに12万円出せてしまう人たちって、どんな人?
どんな職業?
シークレットディナー会なので、そこは書けませんが、想像したより突飛押しもない感じの人たちではありませんでした(⌒-⌒; )

お話が進むうち、あることに気づきました。

「ここにいる人たちと、私、何かが違う? 何というか…周りを取り囲んでいる圧のようなものが違う」

そんな風に感じたのです。

そのディナー会の主役、先生みたいな方に
「芙蓉さん、ちょっとどんなお財布使っているか、見せて」
と言われました。

私の使っているお財布は、ちょうど1年前に買った、コーチの白いお財布で、5万円くらいするものなんですね。
私的には、とても気に入って大奮発して買ったもので、すごくすごく大切に使っています。
それなのに、お財布を見せる時、咄嗟に
「私はこれが気に入ってるんだ。とやかく言われたくない!」
という気持ちが出てきたのです。

その方は、普通の顔でわたしのお財布を見ていました。それなのに

「すごく、気に入って使ってるんです!」と、結構強い感じでそう言ってしまったんです。

「え?何、怒ってるの?別に何も言ってないじゃない?」

私、猛烈に恥ずかしくなりましたよ(〃ω〃)

あー、私の本性が出てしまった…(笑)

その後、普通にお話ている中で、
私と圧の違う方たちに、優しくこう言われました。

「芙蓉さんって、心の奥でまだ怒っている感じがするよ。無理しているんじゃない?
もっとさ、ラクに楽しく生きられると思うよ」と。

実はその夜、眠れなかったんです。
あー、私はこんなに要らないものを身にまとっていたのかと。

自己価値の低さから来る価値観が、
まだまだ残っていました。
そして、同時にその自己価値の低さに気付けて、きれいさっぱり、手放すことができたのです。

あー、これが12万円の威力か♪

その後の生活が、またビックリなんです。

母が入院するというハプニングがあって、そこから母との関係が大変化。

夫は、更に優しくなって、あんなに憎しみを露わにしていた私の母の心配をしてくれて
「会社を休んで、車を出そうか?」と言ってくれたり、

ボーナスでもっと乗り心地の良い新車を私のためにと、ポンと購入してくれたり…

信じられない動きがありました!




私の自己価値感の低さ。それは、がんばり屋さんがやめられなかったことにあります。

とりあえず、人の機嫌をとるために頑張ることは卒業していました。人の評価のために自分を殺して頑張る…
それはなかった。

でも、自分で自分を許すために、頑張ることがやめられなかったの。

このくらいは頑張らなきゃ、ダメでしょう?
このくらい、人のためにならないと人として、失格でしょう?

そんな自分の価値観があったんですね。

逆から見れば、私は自分の納得できるように頑張っているのだから、
人にとやかく言われたくない…というような、頑固さでもあります。

あー、そういうものも、もう要らないんだなぁ。

自己価値が高い人たちは、そんな縛りもない世界で、
ラクに楽しく、感謝して生きてます。

ディナー会の自己価値観の高い波動に、それを教えられたように感じています。


私のメルマガを読んでくださっている方々は、やはり私の出している波動に共鳴しています。

おそらく、私に似た自己価値観が低さがあると思うんですね。

自己価値観が低いと、どうしても、パートナーとの関係性に、それが出てきてしまいます。

夫が、自分を大事にしてくれない。
暴言を吐いたり、浮気をしたり、お金の苦労を強いてきたりして、
幸せではない現実に苦しむことになりがちです。

頑張るのは、良いこと。
頑張らないと、生活が立ち行かない。
私は、頑張ることが好きなんだ。
私の価値は、頑張ることにある。


そういう価値観で生きていると、
無意識に、人にも頑張ることを求めます。

私ばっかり頑張らせて…とか
そういう怒りが知らず知らず溜まっていくのかもしれません。

頑張らない人を許せない。

そしてもっと深い所では、自分が自分を怒っている。ホントは、もっと大切にされたい。そんな風に本当の自分が怒っているのではないでしょうか?

今日ここで募集するシンデレラパーティは、そんな自己価値の低い人にぜひいらして頂きたいパーティなんです。

自分を二の次にして、人のためにいつも頑張っているあなた。

パーティなんて、私が行ったら恥ずかしい…と思っているあなた。

これからのことを考えたら、パーティなんか行っている場合ではない…なんた思っているあなたにこそ、
参加してほしいのです。

自己価値が高くなれば、世界が変わります。
ラクに、楽しく生きる世界があるのです!

苦しい人生はもう、終わりにしませんか?

このパーティを機に、
一気に、自己価値の高い世界に駆け上がりませんか?


☆募集!
「自己価値を上げて、幸せ人生に♪
シンデレラパーティ」

・7/26(水曜日)11:30〜13:30

場所…都内・東京タワー近くの幸せ波動のレストラン
参加者に詳細をお教えします。

・ブュッフェ形式のパーティです。


・会費…17000円

・お子さん連れも承ります。
・服装は、ご自身が着ていて気持ちが上がる服!

お申し込みはこちらから↓↓↓

http://fuyou-c.com/info/event20170726/


せっかくのこの人生、自分を大切にすることを
絶対にあきらめないで下さいね。


芙蓉

  FAQ・ヘルプ | 利用規約 | メルマガ発行規約 | 広告掲載規約 | 個人情報保護方針 | 会社概要  
Copyright(C) 2002-2010 INFOCART,INC. ALL RIGHTS RESERVED.
インフォカート |  無料情報ドットコム