ログイン | トップ

 愛ある家族になりましょう〜♪  マガジンID:07390
夫からの暴言・暴力。 夫の不倫。家庭内別居。或いは、完全別居をしている。 もう、離婚しかないのかと悩んでいる妻へ。もう一度、幸せを取り戻す為のヒントを書き綴っています。苦しみからの脱出を応援します。

最終発行日:2017年10月7日 総発行回数:112回
登録日:2013年10月16日 読者数:2754
発行周期:不定期 登録料:無料
バックナンバー:全て公開 発行者のホームページ

 個人情報の取扱いについてをご確認の上、メールアドレスを入力して購読してください。
  
  

バックナンバー

 愛ある家族になりましょう♪
  発行日時:2017年9月26日 マガジンNo.07390
こんにちは。芙蓉です。

今、私のこのメルマガを読んでくださるあなたは、どんな悩みを持っているのでしょうか?

そして、何を得ようと思ってこのメルマガにご登録されているのでしょうか?

別居を解消したい?
離婚を回避したい?
夫の暴言や浮気?
あるいは夫からの無視や不機嫌
長年のレスを解消したいからでしょうか?

これまで、そんな皆さんの悩みや苦しみを、少しでも軽減できるような方法を
いろいろな角度からお送りして来たかと思います。

カウンセリングを通して、別居が再同居になったり
旦那さんが「離婚」と言わなくなったり
日常の会話が普通にできるようになった…というご報告も本当にたくさん、頂くようになりました。

とても嬉しいです♪

でも、その後
「旦那さんの浮気は終わったのに、また浮気をしているのではないかと疑ってしまって、苦しい」

「また旦那さんを不機嫌にさせてしまって、同じことを繰り返している自分がいる」

「みずから地雷を踏んでいるみたい。変わったつもりが、本当には変わりきれていない」

最近、そんなご相談を受けることも増えて来ているのも事実なんです。

せっかく一山超えて、苦しい状況から抜け出すことができたのに、
そこから揺るぎない「幸せ」な状態に持って行けないというのは、
とても残念なことだなぁ〜と思います。

多くの方は、気がついておられます。
本当にもう、自分の心のあり方次第だということに。

心のあり方。

これは一朝一夕にカンタンに変えることではないですよね。

「これで、行ける!大丈夫!」と思える日があっても、また何かあると心が折れてしまう。それで、希望を見失った経験は、誰でもあると思います。

そんな時、また自分を持ち直して、前を向く力。良い方向に、自分で向いて行く心の力を養うためには、
リハビリ期間が必要なんだな…というのも、日々皆さんの声を聴いていて、感じるところなんですね。

会員サイト「アフタヌーンティールーム」の卒業生さんからは、こんな声を頂いています。

・「いつも、不安や怒りに飲み込まれそうになったときに、自分の気持ちを吐き出せる場所があったことは、とても大きいことでした」


・「他の方の投稿や、自分の投稿に対する皆さんからのお返事に、とても学ばされました。
私は、幸せなんだと、気付くことができました」

・「このティールームに参加した頃は、超プラックな私でしたが、皆さんの優しさに包まれて、私は変わることができました」


会員サイトに入ってくださった方には、お約束して頂くことがあります。

一つは、「他の方の悩んでいる記事を読んだ時に、決して同情しないでください」ということ。

同情とは、苦しい悩みの波動に自分も同調すること。自分にとっても良くないし、相手にとっても良いことはあまりないんですね。

その代わりに、落ち込んでいる方には、「励ましの言葉をかけようね」と言っています。

励まされた時、その人は力が湧きます。愛の波動を受けるからです。
でも、それよりも大切なのは、励ました側の人に変化が起きることだと、私は感じているのです。

他人への励ましの言葉を、自分の脳は自分への励ましと区別がつかない、という現象が起きるんですね。

結局、誰よりも自分を励まされてしまうんです^_^

こうして、自分で自分を励ます力がいつの間にかつき、
自分で立つ力、折れない心が自然と養われて行くのだなぁ〜と。

やがて「1人でも大丈夫!ちょっとのことではへこたれないよ!」
という強さとともに、
「私って、幸せだな〜」という感覚が沸き起こってきます!


4期のテーマは、「出会い」と「絆」。

会員同士、本当に「出会って」、絆を深めて行きたいと思っています。

それは、同情したり同調し合う、寄りかかり合いや依存の関係ではありません。

一人で立って、本当の自分の幸せを追い求めて行く道を、共に歩む仲間。
魂の同志です。

せっかく神様からこんな大変な試練をいただいたのだから、
一緒に、最高な形で乗り越えて、至高の世界を味わっちゃいませんか?

今はボロボロでもブラック満載でも、構わないのです。

デイールームの柔らかい空間に身を置くことで、心を緩めて行きましょう。


アフタヌーンティールームのお申し込みはこちらから
↓↓↓
http://afternoon-tea-room.fuyou-c.com/about

  FAQ・ヘルプ | 利用規約 | メルマガ発行規約 | 広告掲載規約 | 個人情報保護方針 | 会社概要  
Copyright(C) 2002-2010 INFOCART,INC. ALL RIGHTS RESERVED.
インフォカート |  無料情報ドットコム