ログイン | トップ

 愛ある家族になりましょう〜♪  マガジンID:07390
夫からの暴言・暴力。 夫の不倫。家庭内別居。或いは、完全別居をしている。 もう、離婚しかないのかと悩んでいる妻へ。もう一度、幸せを取り戻す為のヒントを書き綴っています。苦しみからの脱出を応援します。

最終発行日:2017年11月7日 総発行回数:113回
登録日:2013年10月16日 読者数:2799
発行周期:不定期 登録料:無料
バックナンバー:全て公開 発行者のホームページ

 個人情報の取扱いについてをご確認の上、メールアドレスを入力して購読してください。
  
  

バックナンバー

 愛ある家族になりましょう♪
  発行日時:2017年11月8日 マガジンNo.07390
こんにちは。芙蓉です。


11月に入り、早1週間が経とうとしています。
ここからは、ますます時間が早く感じる季節ですよね。

先週のパーティーから、もう一週間も経っちゃったの???

今、私はそんな気分です。


〜〜〜〜〜〜〜〜


私のクライアントさんの中には、旦那さまから「離婚したい」と言われて、苦しんでいる方がとても多いんです。

パーティーにいらしてくださった方の中にも、今まさに旦那さんから離婚宣告を受けて、
これからどうして行ったらいいのか、わからない。

自分は離婚したくないけれど、このまま旦那さんに押し切られて、
離婚になってしまうのではないか?…という不安を抱えておられる人がたくさんいました。


旦那さんが、こちらの努力を全く認めてくれず、
ただただ「離婚しかない」と主張するばかりだと、
本当にもう何ができるのか?わからなくなってしまいますよね。

旦那さんが出て行ってしまったり、
別居期間がどんどん長くなって来ると、

法的にも離婚が認められるようになってしまうのではないか、と不安になっている方って、本当に多いんです。


パーティーでは、そんな不安を解消していただくために、
弁護士の白土陽子さんから、離婚に関する正しい知識をお話ししてもらいました。

お話の内容は、ここでは書ききれないのですが、その中でも

「私がすごく大事だな」と思ったことをここでシェアさせていただきますね。

それは、
奥様の方がもし、どうしても離婚したくないと思っているのならば、

「修復のための努力を、淡々と続けて行く」

のを決してやめてはいけない、ということなんです。


私が相談を受ける中で、常日頃から感じることは、
皆さん、口では離婚したくない、と抵抗してはいるものの、

結構、修復の努力をいともあっさり諦めてしまっている傾向があるな、ということなんです。

わかりますよ。相手が冷たいと、気持ちが萎えてしまいますよね。

旦那さんに、「やめろよ!」と強く言われたら、子供の様子を話すことも、
感謝の言葉を言うことさえ、怖くなってしまう…

その気持ちもすごくわかります。

でも、そこで立ち止まってしまっては、やはり結果は出せないのが現実なんです!

白土先生もおっしゃっていました。

「法的にも、修復の努力がなくて、別居期間が長引くと離婚が認められることもあるが、

どちらかが修復の努力を続けていれば、別居期間が5年以上になっても、
離婚にはならない」

そう、奥さんからの何かしらのアクションを続けるのと、続けないのとでは、夫婦関係の行方は、雲泥の差なんです。

一人で、不安や恐れの世界にいては、
せっかくの幸運のチャンスも近づいて来てはくれません。

ぜひ、一歩を踏み出して、
修復のためにできること、続けて行きましょうね。

応援していますよ!


〜〜〜〜〜〜〜〜

☆12月・クリスマスお茶会の募集を開始します!

2018年を幸せな一年にしたい方。
ぜひ、芙蓉宅のクリスマス会で、楽しいひと時をお過ごしください。

詳細・お申し込みはこちらから
↓↓↓
▼ クリスマスお茶会
http://fuyou-c.com/info/event20171207/


☆12月個人カウンセリング募集

12月のご都合の良い日第三希望まで書いて、お申し込みください。
調整して、お返事いたします。

▼ 12月個人カウンセリング
http://fuyou-c.com/info/kojin201711/



☆11月は、メールカウンセリングはお休みいたします。また、12月からよろしくお願いいたします。


芙蓉

  FAQ・ヘルプ | 利用規約 | メルマガ発行規約 | 広告掲載規約 | 個人情報保護方針 | 会社概要  
Copyright(C) 2002-2010 INFOCART,INC. ALL RIGHTS RESERVED.
インフォカート |  無料情報ドットコム