ログイン | トップ

 愛ある家族になりましょう〜♪  マガジンID:07390
夫からの暴言・暴力。 夫の不倫。家庭内別居。或いは、完全別居をしている。 もう、離婚しかないのかと悩んでいる妻へ。もう一度、幸せを取り戻す為のヒントを書き綴っています。苦しみからの脱出を応援します。

最終発行日:2018年5月7日 総発行回数:129回
登録日:2013年10月16日 読者数:2899
発行周期:不定期 登録料:無料
バックナンバー:全て公開 発行者のホームページ

 個人情報の取扱いについてをご確認の上、メールアドレスを入力して購読してください。
  
  

バックナンバー

 愛ある家族になりましょう♪
  発行日時:2018年3月5日 マガジンNo.07390
こんにちは。芙蓉です。


今日はこのメルマガでは、「夫婦の発するエネルギー」について書きたいと思います。
しばしお付き合いくださいね。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

まず最初に…
うちの次男、やっと4月から行ける大学が決まりました!

一番最初に受けた大学が
受かるつもりで受験したのに、不合格だったんですね。そこから、怒涛の日々が始まりました。

夫が最初の不合格をキッカケに
とにかく毎日荒れまくっていたんです。

「お前がもっと受験に関わってやれば良かったんだ」
「どうして高校から推薦で行けるようにしなかった?」
など、

もう納得して決めたはずのことを蒸し返して
私にも、受験前日の次男にも
怒鳴って叫んで大騒ぎ。(^_^;)
その結果、受ける大学すべて不合格となって行ったんです。

「全部、お前のせいだ!」
妻のせいにする夫。
そんな夫が、約一カ月の間に、だんだんと変わって来ました。

「やっぱり、俺のせいだ。本当はもっと優しい父親でいたいのに、
どうしてあんなにガミガミ言ってしまうんだろう」

今度は、自分を責め始めました。こんな言い方をするのは、今までなかったことでした。

私は、次男の大学受験の一連のことを通して、夫に対して、今思えばかなり冷めた気持ちになっていました。

何かうまく行かないことがあると、「お前のせいだ」と怒鳴るのは、これまでもよくあることだったので
今更何とも思わなかったのですが、

知らず知らずのうちに、夫から気持ちを離して、関係のない世界で生き始めていたんです。(^_^;)

本当に無意識なのですが、
夫に自分の思っていることを伝えないままに、他のことに気をそらしていました。
自分だけの世界で問題を完結させようとしてしまっていたのです。


表面的には、大げんかをしているわけでもなく、
会話がなくなるわけでもなく
いつもと変わらない暮らしは維持されています。

でも、私の心は少し冷たくなって固まっていたと思います。

夫の方は、とにかくイライラが止まらず、怒りを抑えたくても抑えられないという状態で、
「何でかな〜??早く落ち着いてくれないかな〜」と、
私はどこか人ごとのように感じてました。


そんな中、夫の実家に行って、夫の両親とともに時間を過ごしてきました。

両親に会って、夫が少し穏やかになったらいいな、とも思ってました。

だけど、気持ちが穏やかになったのは夫ではなく、私の方だったんですね〜^^

夫の両親たちというのは、本当にいつも夫婦仲が良いのです。

お父さんは、ちびまる子ちゃんの友蔵じいさんそのもののようなキャラクター。
そんな夫をこまごまと世話を焼くお母さん。

お母さんの方が少し気性が激しいのですが、心配性のお母さんをおおらかなお父さんが支えているのです。

お父さんがお母さんのことを大好きなことが、滲み出ている夫婦なんですね^^

お父さんとお話ししていても、半分お母さんとお話ししている感じ。

お母さんとお話ししていても、半分お父さんとお話している感じ。

2人で一つというか、2人のキャラは違うのに、エネルギーが絶妙に一致していて、一つの世界になっている。それが穏やかに調和しているのです。

それに比べて、私と夫は、それぞれだな、と自分で感じてしまいました。

全く噛み合っていないというわけでもないのでしょうが、
一致とまでは行っていない。
私には私の世界があって、そこに夫を
入れていない自分がいることも感じました。

心の中のことを伝えない…とは、そういうことなんですね、

どうして伝えないのだろう?と振り返ってみると、やっぱりちょっと面倒くさいんですね(^_^;)

大した心の壁ではなくても、壁を作っていると、夫はイライラする。「冷たい」とか「お前はわかってない」とかまた面倒くさいことを言ってくる…(笑)

それをやんわり適当に交わす術だけは長けている妻なので、
夫は余計にイライラしていたんですね。

夫の実家にいる間は、夫とゆっくりする機会があり
夫が私に向けて出してくるエネルギーを、とにかくまるごと受け取るようにイメージしながら過ごしました。

「感謝ポイントを探して感謝する」
「褒めポイントを探して褒める」
「夫が欲しそうな反応をしてあげる」

そんな表面的な機嫌をとるようなことではありません。

とにかく、夫が私に向けて「エネルギーを出してきた!」
と感じ取った時に自分に溶かすようなイメージで、
話を聞き流すのではなく、感じていることを素直に伝えることを心がけました。

すると、何となく2人の間にあった見えない壁がスーッと溶けて行ったように感じました^^

義理の両親を見ていると、
結構言いたい事を言い合っているのです。良妻賢母を学んだ私からすると、ちょっとドキドキすることもあります。

それでも、100パーセントの信頼とゆるしと愛がある。夫はこういう両親の元で育ったんたのかと思うと、
何だか感動でした。

良い見本を見せてもらって、
「夫婦のエネルギーが循環している状態」というのがどういうことなのか、わかったような気がします。

夫婦のエネルギーが溶け合っていなくても、一見うまくやれている夫婦もたくさんいると思います。

日常の会話をし、一緒に旅行したりしながらも、別々の世界を持って生きているのも、それなりのバランス。

でも私はやはり、夫の両親のようになりたいな、と今回の帰省でしみじみ感じてしまったんですね。

夫と一つの世界を織り成したい。

夫と一つとなって愛のエネルギーを発するために、何ができるかが、自然と見えて来たような気がします。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


*3月のメールカウンセリング募集*
カウンセリング期間は、3/10〜3/31の3週間になります。

詳細と申し込みはこちらから
↓↓↓
http://fuyou-c.com/info/mail201803/


*3月の個人カウンセリングは、3/16以降の日程となります。

お申し込みはこちらから
↓↓↓
http://fuyou-c.com/fuyoumenu/kojin/


転勤や移動、子どもの卒業など…節目になる季節。
旦那様とこれからのことに向き合う時期でもありますね。

みなさんが前向きな気持ちでこの時期を過ごせるように、
応援しております^^


芙蓉

  FAQ・ヘルプ | 利用規約 | メルマガ発行規約 | 広告掲載規約 | 個人情報保護方針 | 会社概要  
Copyright(C) 2002-2010 INFOCART,INC. ALL RIGHTS RESERVED.
インフォカート |  無料情報ドットコム